アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【妊娠と結婚と毒親2】映画『深夜食堂』マスターが作る料理は、お腹よりも心を満たす優しさにあふれている

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を過保護に育て離したくない毒親。太郎くんとの結婚に大反対中。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。妊娠が発覚。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

★   ★   ★

 

いきなり病室を飛び出したかと思ったら、太郎くん、しばらくしても帰ってきません。そして、夫(?)が急に消えても、優ちゃん、ぜんぜん動じません。

 

「太郎くんはどうしたのです」

 

白黒はっきりが信条のオババ、問い詰め口調で聞くと、なんと叔母が答えたんです。

 

「まあ、いいじゃない、姉さん。それぞれ、理由もあるでしょう」

 

いつのまに、そんな聞き分けの良い母親に変身したんだ。

セーラームーンの変身じゃないんだから。

月に向かって、くるくる星を散らして回転して、外面整えたんかい。

 

てか、そんな可愛いもんじゃなくて、どっちかいやぁドラゴンボール

フリーザ様の変身。

 

と、個室のドアがノックされ、同時に看護師がてきぱきとした動作で入ってきました。

 

「じゃあ、優子さん、診察に行きましょうか」

「はい

看護師が、「車椅子、使いましょうねと、

 

優ちゃん、用意された車椅子に素直に乗り、変身した叔母が付き添い、病室を出て行きました。

 

私は帰ろうかと思いました。

 

「叔母さん、結婚に反対するのやめたみたいですね」

「そのようです」

「私たち、これで失礼したほうが」

「いや」

 

オババ、少し上の空の様子で、宙を見つめて、無言です。

 

歩幅を広げて立っている姿は『深夜食堂』のマスターみたく、

手を腰にあて、足を広げ、軽く仁王立ち。

 

f:id:funyada:20190819235530p:plain

深夜食堂のマスター


ところで、 今朝、ブログを読んでいて、

 

『人はみな平等に歳をとるが、しだいに人生がおもしろくなる人と、不平不満だけが募る人がいる。両者の違いはいったい何か』

 

と、はなちゃん(id:hananekochang) さん、ブログにあげられてました。

作家曽野綾子氏の文章です。

 

なんだか、今の気分にどんぴしゃで、

だからブログを読むのやめられないんです。

こういう言葉に出会えてしまう。

 

ほんと、そうだね、曽野綾子さん、はなちゃんさん。

 

多くの人に・・・

人生がおもしろくなる人になってほしいと、私、思う。

じゃないと、不平不満で爆発されると、もう周囲は大迷惑で・・・

 

あの今、大騒ぎのアオリ運転男もさることながら、普通の人でも普通なりに、2つのコースが用意されているようで。

 

誰もが平等に歳をとっていくけど、取り方は平等じゃなく・・・

学生時代はあんなに可愛く、男性にもモテて、いわゆる勝ち組の結婚をした友人が、今では不平不満ばかり。

 

そんな中年をすぎた古い友人に出会うと悲しくなってしまう。

ついでに、疲れてしまう。

 

いつか、人は生きて来た年数と、これから先の年数が逆転することがあって、逆転した年月は、あっという間にすぎていく。

 

それは、30代よりも、40代よりも、年齢に比例して時は早くすぎ、

70代、80代になれば、さらに早いに違いない。

だからこそ、不平不満ばかりの人の愚痴を聞いていることが、面倒でもあります。

  

深夜食堂』に多くの人が集まるのは、そして、このドラマにファンが多いのは、寡黙なマスターの心癒す料理と、それを作るマスターの優しさなんだろう。そうした愚痴を受け止め、静かに癒していく。

 

マスターの振る舞いをみていると、彼の過去が透けてみえます。

離婚したのかもしれない。あるいは、さらに悲しい過去があったのかもしれない。

 

いろいろあっての、その上の人に対する優しさ

みふけた (id:mifuketa) さんのブログみたいでもあって、

 

マスターは、大仰に自分の正しさを振り回すわけじゃない。

ただ、近くによって来た人に、平等に優しい。

 

こうした境地に至るマスターは尊い

そんな人に私はなりたい。

 

なんてなこと、思ってる場合じゃなくて・・・

 

オババの仁王立ち、怖い!

不平不満じゃないよね。

ほんと怖いんですが。

 

太郎くん、なにも言わずに飛び出して、

1時間か、もう少し早かったでしょうか。

 

息咳って戻ってきました。

 

「すみません、急に飛び出して」

「どうした」

「急がなきゃって、思って。僕の子どもに申し訳ないから」

 

彼、手に持った封筒から書類を取り出して、オババに見せました。

婚姻届です。

 

「お母さんに優ちゃんとの結婚、許していただけるでしょうか」

「大丈夫じゃないかな」

「そうですか」

 

太郎くん、いきなり屈託のない太陽のような笑顔を浮かべました。

 

「勝江はいま、検査に付き添っています」

「はい。僕、行ってきます」

「ちょっと待って」

 

オババが呼び止めました。

 

「その婚姻届。いま見せるよりも、まず話したらどうでしょう」

「そうですか。確かに慌てすぎですね。そのほうがいいですね。どうも直上型で、考えるより行動してしまって、ありがとうございます」

「それから話すときは優ちゃんが一緒のときにね」

「はい」

「じゃあ、書類は汚れると困るだろうから、私が持っておこう」

 

オババ、なんか様子が変です。

 

「すみません」

「さあ、行っらっしゃい。産婦人科の診察に向かったのは15分前くらいだから、まだ待合室で待っているかもしれません。超音波検査するようですよ。つまり、お腹のなかで心臓が動いている我が子を見るチャンスです」

「そうか」

 

太郎くん、はにかんだように髪をかき、嬉しそうに去っていきました。

 

姿が見えなくなると、突然。

オババ、表情を曇らせました。

 

「まずい! まずいぞ、アメリッシュ」

 

オババ、役所の封筒に入った書類を読むために、老眼鏡をかけています。

 

「やはりか。法律は変わっとらんな」

 

法律が、そう簡単に変わってたら、安倍総理憲法改正とかで、何年も騒いでないわ! で、そ、それがなにか?

 

いや〜〜な、汗が出ています。

 

「なにかまずいことでも」

「結婚すると戸籍が変わる」

「そうですね」

「わからんか」

「いえ」

「戸籍じゃ、戸籍を取り寄せることになる」

 

はっとした。

叔母だ。

 

「気づいたか。必要なのは、戸籍抄本ではなく謄本となっている。謄本は全員のことがのっている」

「ま、まずい、まずいですね」

 

セーラームーンで変身した叔母。自分が離婚していることを知らない。

てことは、離婚を知ってしまうかもしれない。

 

「お義母さん」

アメリッシュ」

「お義母さん」

アメリッシュ」 

 

「お義母さん」

アメリッシュ」 

 

私、顔色が変わったかも。

まさかの、ここに来ての大問題発生。

あの叔母に知らせず提出した叔父と叔母の離婚届。そこには私とオババが証人として記名している。

 

だから言ったじゃない。

この親戚、かかわってロクなことがないって、

 

夫だって言っていた。ほどほどにって。

しか〜〜し、あんたの母親ぞ!

アホ、アホだ私!

  

「ど、ど、どうします」

 

オババ、「一難さって、また、一難だ」と小さくつぶやいてから、決心したように宣言した。

 

「第3次臨界体制発動!」

「は!」

 

★   ★   ★

 

映画『深夜食堂

主演:小林薫(マスター)

監督: 松岡錠司(東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトンの監督)

 

もともとはビッグコミックに連載された安倍夜郎氏の漫画で、のちにテレビドラマ化しました。

映画劇場版は2015年。『続・深夜劇場』は2016年公開。

 

どこか懐かしい雰囲気の新宿路地裏、小さな食堂を営むマスター。

本名も経歴も素性もいっさいが不明。

しかし、毎晩のように常連客が訪れて、小さな店内はいつも満員です。

 

マスターの料理は、昭和の味がする懐かしいもので・・・

 

その料理を食べに、行き場を失ったワケ有りの人たちが集まってきます。

私がブログで出会った多くの優しい人たちとの交流に似た、

ほっこりとした優しさに満ちた作品。

 

店の営業時間は午前0時から朝7時っていう、かなり興味深い時間帯で、

普通の人は、寝ています。

 

メニューは『豚汁定食、ビール焼酎』としか書かれてないですが、

マスターは料理できるものなら、どんなものでもつくってくれます。

 

マスターが作る土鍋のとろろご飯。むちゃくちゃ美味しそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ