アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴ってちいさなディズニーランドを目指してる・・・、な〜〜んてな

【妊娠と結婚と毒親3】妊活女子よ、英国では高齢出産が普通になった。でもって、映画『母という名の女』は毒親度マックス

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を過保護に育て離したくない毒親。太郎くんとの結婚に大反対中。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。妊娠が発覚。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

妊活女子よ、あなたの番です!

 

欧米諸国で起きた出来事は数年遅れで日本にやってくる!

 

近年の歴史をみても明らかで、それで、なにが夢かって、流行するかって、

それはな・・・

 

ドリーム オブ 高齢出産!!

 

2019年4月掲載のBAZAAR誌によると、英国・国家統計局(ONS)の統計で、史上はじめて30代での出産が20代を上回ったそう。

 

この統計によれば、20代で妊娠した女性395,856人、30代で妊娠した女性398,284人(2017年の統計)。

 

なんと、30代で出産する女性が一番多いってこと。

 

つまり、高齢出産。流行の兆しアリであります。

 

そして、驚くなかれ、25歳以下での出産は過去最低で、さらに驚いたことに、妊娠率が上がったのは40歳以上のグループ

 

ということは・・・、おじいちゃん、おばあちゃん

あなたの番です。

 

つまり、これは、

 

仕事を続ける女性→晩婚化→初産の高齢化→仕事しながらの妊娠・出産→学校にくる母親の高齢化→保育所の不足→おじいちゃん、おばあちゃん出動

 

仕事を続ける女性にとっての最大の味方は実家の親!

健康で長生きしようぜ、後期高齢のジッちゃん、バアちゃん。

妊婦高齢化で、ちょっとやそっとの年齢じゃボケてる暇なしです。

 

英国の波。まちがいなく日本に来ますから!

 

妊活女子、30代後半でもめげるな。

なんせ、優ちゃんも妊活して? ん? したか?

ま、そこんとこは、ウヤムヤに・・・

 

39歳で妊娠、順調にいけば40歳でアラフォー出産。

流行の波に乗っている。

 

『アラフォー出産!』

 

今年の流行語大賞に応募してみないかってくらい、波がきてる。

 

だから、Mr.しょーん (id:Dakujem)さん。

まだまだ大丈夫です。

で、ショーンさん、忙しいなか軽く婚活中らしいかと・・・。

 

ちなみに、ショーンさんは、子ども好きのイケメン医師の卵で、ヨーロッパでの生活などについてブログに書かれて楽しいです。

 

で、前回はヨーロッパに住む日本男性の恋愛事情で、今回は天然パーマに悩む男性への朗報。天パーって女性も男性も大変なんだって、思ったよ。

(ごめん! 勝手に宣伝してる。ダメだったすぐ外すね)

 

ついでじゃ、

楓屋 (id:kaedeya)さんに怒られっけど。

(ごめん楓屋さん。二人の仲じゃ、ついでで許してけろ)

 

婚活中つながりで、猫の里親募集されています。猫好き、サイトを見てくださいな。可愛い子猫たちが待っています!

楓屋さん、とっても暖かく素敵な方です。

近くなら一番に助けに行きたいんだが!

 

開物発事 (id:Kaimotu_Hatuji) さんも、楓屋さんの猫の里親探しのこと書いてました。

開物発事さんって、ホント優しくて、いい人だなぁ! はてなブロブ民、優しい人が多いから、心が温まる。

 

ーーーーーーーーー

 

ところで、アメリッシュの前にぶら下がっている問題は、叔母のために良かれと思ったことが連鎖反応で、さらに厄介ごとへと進化していくという波であって。

まさに、転げ落ちる坂道をさらにスピードを上げて落ちていくような状況で。

 

1年ほど前にみたメキシコ映画母という名の女』の毒親じゃないけど。

そんくらいの恐怖だって、思ったわけです。

 

これから、どうなんの?

お縄がまってんの?

てか、最悪、叔母のヒステリーと言葉の暴力に直面するのかって。

 

無理、ぜったい無理、身体と心が持たないから、そんなことになったら。

 

それに、離婚届、偽装したわけじゃないし、ただ、夫である叔父に送っただけで、それを叔母本人が知らないって、それだけだし。

 

そ、そこが怖いんだけど・・・

 

「ともかく、まずgoogle先生じゃ。婚姻届が代理人でもいいのか」

 

私、スマホでチェックした。

 

「だ、大丈夫です、だれでも大丈夫」

「わかった、では私たちで提出しよう」

 

とほほ・・・、そんな簡単に行きゃ、世の中平和ですって。

きっと、なんかあるから。

暑いし、オバケがでてくっから。

肝試しに繁盛しているのオバケが、「まいど」って出てくっから。

ディズニーのホーンテッドマンションのエレベーターレベルで失神できるツワモノだから私。

 

「ですが、書類に不備がある場合、代理人では訂正できないと、そうgoogle先生が書いてます」

 

オババ、封筒から書類をだしました。

 

「鉛筆を持っているか?」

「鉛筆?」

「優ちゃんは、こういうことさせてマトモにできるか」

「できません!」

「先に下書きをしておく」

 

私、すぐに売店でシャープペンと消しゴムを買ってきて、オババ、老眼鏡をかけると、書類をにらみながら下書きを始めました。

 

「印鑑は?」

google先生チェック! えっと、実印でも認め印でもかまいません」

「よし、文具店で、すぐさま、二人の印鑑を購入して」

「今ですか」

「今しかない。勝江が戸籍謄本を見ないためには、私たちでなんとかするしかない!」

「は! 行ってまいります」

「頼んだ」

「お義母さんは」

「私は、ここで、もし先に戻ってきたら書類をなんとか・・・」

 

そんなことで青ざめてると、ウキウキ3人組が診察室から戻ってきました。

早い、早すぎる。

まだ、印鑑がないんだから。

 

で、優ちゃんの車椅子を押しているのは、太郎くんで、幾分、顔が紅潮して、どこかキラキラして嬉しそうで。

 

それは優ちゃんも同じで、以前より痩せて、やつれてますが、目がきらめいて。

叔母、そんな二人を穏やかに見つめています。聖婆か!

 

「やはり、4ヶ月に入っていました」

「そうですか」

「すみません。僕が気づくべきだったのに、無理させて、優ちゃんを貧血で倒れさせるなんて」

「はじめてのことだから仕方がないですよ。でも、超音波って驚きねえ、スロモーションみたいに胎児が動いていて。男の子かしらねぇ」って叔母。

「あ、あの、俺、じゃない、僕たち、お義母さんに結婚、認めてもらいました」

「そ、そうなの。よかった」と、私。

「おやおや、私、そういうことじゃないのよ」と、叔母。

「びっくりしただけで、別に反対なんて、太郎さんがいい人ってわかりましたからね」

 

叔母、これまでの行動を完璧にチャラにしています。

 

これ、推測ですが、忘れているわけじゃなくて、叔母の心のなかでは自分に正当性があって、そして、おそらく、事態の変化に正当性の帳尻合わせをして、たぶん、結論は孫のバアちゃんになることが正しいって、そうなっているんでしょう。中途の矛盾は忘れているにちがいないです。

 

「じゃあ、結婚書類を・・・、太郎くんと優ちゃんで記入できますか」

「なにを書けばいいの」って、優ちゃん、天然です。

「優ちゃんは自分の署名だけで、あとは太郎くんに」

「もちろんです」

 

オババ、婚姻届を渡しました。

 

で、できちゃったんです。書類が。

なんども見ましたが、問題はなくて、

あとは必要書類を集めて提出するだけの婚姻届が。

 

「婚姻届を提出するの、二人で行きたいですが、でも、優ちゃん、高齢出産になるらしく、貧血の症状があって、だから数日、大事をとって入院したいとお願いしたので」

「そうなの。じゃあ、私が提出してきましょう」と、オババ。

「しかし」

「大丈夫、私が責任もって提出についてきますから」と、私。

アメリッシュさんまで、ありがとうございます」

 

ここがダムなんだ。ここで川の水、せき止めなくては。

てか、ここで行かんでどうする。

 

「だから、優ちゃん、委任状を書いてもらえるだろうか」

「委任状ってなんですか」

「婚姻届には戸籍謄本を添付しなくちゃならないから、先ほど、委任状を書いておいたから、ここにサインを」

 

実は、オババ、待っている間に手書きの委任状を作っていました。

 

「はい」って素直な優ちゃん。

「おや、私がとってくればいいじゃないの」

 

叔母が口を挟んだ〜〜〜!

 

「いや、それは、勝江も優ちゃんに付添いたいでしょう」

「役所に行くくらい、なんのこともないです」

「そこまで言うなら、書類の記入できますか」

 

オババ! ナイスフォー!

姉妹争いで、負けなしのオババの知恵。

 

「書類の記入?」

「そうですよ、役所仕事は煩雑ですから」

「そ、それは」

「結婚するには、華やかな式とか、楽しいことありますけど、実際は事務作業ですよ、あなた、昔から苦手でしょ。そういうこと」

 

オババ、覆いかぶさるように強調しています。叔母の一番苦手な書類仕事。

 

そうだった。自分のときも事務的なことが多すぎて、招待状やら結婚式場の手配から、新婚旅行の手配やら、楽しんでいる余裕がなかったような。

 

そう、結婚は事務作業!

  

to be continued

f:id:funyada:20190821092641j:plain

映画「母という名の女」キャッチコピーはずばり『毒親

 

映画『母という名の女

 

メキシコ映画です。

 

今回の内容は、盛大にネタバレはいってますから、ご注意ください。

 

17歳の女の子が妊娠、相手も17歳という少年少女カップル。

女の子は母とは疎遠で、男の子は親から勘当されていて。

 

まあ17歳ですから、自分の身さえもままならない、そんな子どもが、赤ちゃんの世話なんて無理なんであって。

ミルク欲しがって泣いても、眠いから寝ているという、育児とは、ほど遠い状態です。

 

17歳の父親もバイトしかしてない少年だから、当然手伝わない。

 

そこに女の子の母親が登場するわけです。

 

少年少女は、海に遊びにいくときなどは、楽しそうに赤ちゃんを連れていく。てか、それ、お人形遊びかいというレベルで、現れた母親が必然的に面倒をみるわけです。

 

で、この映画、恐怖映画なんです。

 

毒親としての母、パワー全開で娘の結婚、破壊します。

 

生まれた赤ちゃんを、かってに養子にだすわ。

娘の17歳の男を籠絡(ろうらく)するわで、こんな母、いらんわってくらい毒親でした。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ