アメリッシュガーデン改

悪友に呆れられ、応援されながら、ガーデン・旅など、あれこれと・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【婚活 その5】婚活詐欺にあったときに通る、6つの段階

これまでの話

《オババ》私の姑、究極のディズニーオタク。ディズニー愛がすべての豪傑

《叔母》ひとり娘をこよなく愛する優しすぎる叔母、娘の婚活に悩むオババの妹。

《優ちゃん》叔母のひとり娘。究極の箱入り娘。39歳で初恋。現在、結婚詐欺問題が発生中。

🌟     🌟     🌟

 オババたちが帰った夜。数時間かけネットを探索、さまざまな婚活サイトから情報を仕入れました。

翌朝、オババに電話すると、呼び出し音のぷっという間もなく、間髪いれずに受話器が外れて、つい勢いで「ご報告です」と、つんのめっちゃいました。

もう武者震いってか、身震いさえ感じてましたから。

「とりあえず、調査しました」

「して」

「相手の情報を調査するのは、手に余る所業で、申し訳ございません」

「して!」

「とりあえず、結婚詐欺にあわないためのマニュアル、手にいれましたゆえ」

「よかろう。申せ」

「ははぁ!」

やはり、オババにサムライが憑依している。これはディズニー同様に気合が入っている証拠なんで。

ドラクエの戦闘態勢でいえば、レベル50。

ラスボスに挑戦して、時間はかかるが倒せるレベルにまでなっている。

これ、ちょっと不安です。いえ、かなり不安です。オババが戦闘態勢のときは、たいてい大ごとになっていくんです。

素直にミッキー新幹線に乗っておいたほうがよかったかも、チラっとそんな思いがよぎりました。後の祭りです。

それにしても、後の祭りって、なぜ、こうも後なんですかね。前の祭りにしといてもらったほうが親切なんで。こういう軽率な女には、前の祭りにして、人生にちょっとだけアドバンテージあっても良かないですか? そこの神様。

 

「ネット出会い系サイトは、もともと詐欺が一番多くて、危険な場所であります」

「思ったとおり。わが目に狂いなし」

「はっ。で、調査結果ですが。まずは、6つの段階があり徐々に深みにハマるよう構成されております。オレオレ詐欺との共通点、多うございました」

「そうであったか」

受話器の向こうで、オババ、遠い目をしていることでしょう。

実は以前、オババに『俺だけど』って切羽詰まった声の電話があったのです。わかりやすいオレオレ詐欺電話です。

私の夫、つまりオババの息子は自分から電話をする人間ではありません。

更に付け加えれば、切羽詰まることに縁遠い冷静沈着な男です。

冷静すぎて、例えば、やかんで水が沸騰していても、横目で観察しているような沈着さです。おそらく沸点とか水の量と時間とか、そんな計算に頭を悩まして、沸騰している意味を忘れる、そんな理系メガネ男子です。

だからオババ、オレオレ詐欺だと、ついに自分の番だと腕まくりしたのです。

『あら、クリントなの?』って答えたそうです。

『ああ、俺』

アホ! クリントで気づけ、詐欺師。

オババの最も好きな俳優がクリント・イーストウッドです。

いかにキラキラネーム全盛とはいえ、名前にクリントってつける親、いますか? えっ? いるんでしょうか・・・。いるの?・・・。最近はどうも訳がわからなくて、私。

『そう、俺』

『で、どうしたの、栗キントン』

『た、大変なことになって。いま、警察の人と変わるから』

とまあ、そういった一連の流れがあったわけで。

クリントから栗キントン、クリムト、クリスマスまで呼び名を変えていく過程で、さすがの詐欺師も電話を切ってしまったそうであります。

『ほんと、最近の若い者って失礼ですよ。電話を切るときは、ちゃんと挨拶しなければ、礼儀がなってません』

オババ、礼儀のレベルが違う方向だから。そこで怒るより、別のところで怒る場面だから。

 

さて、婚活詐欺です。

「結婚詐欺であるかの見分け方ですが、何段階かにわかれます」

「うむ」

「第1段階は男が常に合わせてくる段階で、とてもよく女性の気持ちを察してくれる。そして、男の条件は最高、たとえば医者とか経営者とか。ハイスペックなのに、自分の自慢をせず、つねに話を聞いてくれるなどなど。女にとって気持ちのいい状態に持って行く。というのが最初の手管のようです」

「うむ。当てはまっておる。優ちゃんが恋をした時点で、もう詐欺師第一段階、突破しているな。次!」

「仰の通り、私も同じ考えでございます。つぎに第2段階。すぐ会おうとか、愛しているとか、最高の女性だとか、そんなふうに持ち上げながら会うことに積極的だそうであります」

「すでに5回もデートしている。そこも突破じゃ。次!」

「第3段階はお金です。お金の話がはじまります、女性がどのくらい金を持ってそうか、貯金額など聞いてきます」

「そうか、優ちゃんのことだ、のほほんと母親がいつでもくれるとか、使いたい放題とか話しておろう。第3段階も突破されたな」

「第4段階、金を借りたいという話がでてきます。理由はいろいろで、財布を落としたというベタ設定から、急に必要な金ができて、銀行から下ろすためには時間が遅いとか、そんな話がでてきます」

「であるか、次!」
「第5段階は、いよいよ大金が動きます。結婚をちらつかせながらの借金ではなく、もらう。最初は少額、徐々に大金になってきます。自宅を建てるための頭金を半額とか」

「であろうな。次!」

「第6段階では、女性側が怪しいと思いはじめます。しかし、それまでにある程度の大金を貢いでますので、それを否定したい気持ちが働くという悪循環がはじまります」

「そこは、優ちゃんだから。全財産奪われても、ほわんと気づかないであろう。第6段階は優ちゃんに訪れることはない」

「ごもっとも。して」

「本人に確かめねば、らちがあかんな。すくなくとも、相手は第3段階まで突破しておるようだ。第4段階にいってしまったか、あるいは、第5段階までか。すでに5回デートしている、これは緊急を要する」

「ごもっとも」

「馬ひけい!」

「はっ」

アメリッシュ、いそいで車を準備し、オババの家へと向かいました。

あの嵐の日、ミッキー新幹線を阻止したがゆえの、さらなる難題。

そういえば、なぜ、オババは叔母とともに家に来たのだろうか?

まさか・・・、まさか、この事態は、あるいは、まさか・・・

to be continued

 

🔴      🔴      🔴

=ご報告=

旅行ブログランキングのお話です。

どんどん、どんどん下がっております。目を被うばかりばかりの惨状です。

これは旅ランキングに参加している私のミスであります。

 

思えば、ブログを始めたばかりの頃、みみママ (id:zuttokireinalady)さんが親切に教えてくださったブログランキング

ブログを始めた興奮冷めやらぬまま、ランキングの意味もわからず、最初に設置したのが旅ランキングであり、そのことに対しては、深く深く反省しております。

 

ブログ内容は、はじめガーデニングでしたが、いつしか、旅になり、そして、節操もなく、ディズニーに特化したと思ったら、なぜか嫁姑戦争に発展し、そこで止まればいいものを、今は婚活問題から詐欺事件と、どこまでも方向は定まらず流れています。流れすぎております。

 

旅ランキングってどこ? 

旅って、どこかに1%でもある? 

 

そんなだから・・・

ブログランキング

もう、ズルズル、ズルズルという感じで下がるしかありません。

今、そこにある危機。まさに目に見える形の危機!

いっそ、旅ランキングそのものを視界から消したい。

もう奇跡です。

アメリッシュには、本当の奇跡しか残されておりません。

 

このなんとも痛ましい結果の、ご報告、このまま落ちていき、最終ランナーになりそうな勢いを、皆様にご報告するとは、私、斬鬼(ざんき)にたえません。

 

ブログランナーとして映えある1番にテープを切られ、栄光のインタビューを受けるスター選手を尻目の、まさかの周回遅れ。

スタジアムに到着したときは観客もなく、汗をかきながら走るも、むなしく一人走るも、照明がバンバンと消えて行く。そのなかを一人、黙々と走るアメリッシュ旅ブログランキング

ああ、そういうものに、私はなりたくない・・・。

f:id:funyada:20190526102335p:plain

  
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ