アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【毒親vs結婚 6】結婚前に陥るマリッジブルー。人は意識下で幸福になることを恐れている。と、映画『夢』。

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を超過保護に育てる毒親。結婚に反対していたが妊娠でコロっと変わる。夫との離婚を納得していない。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。妊娠が発覚。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

f:id:funyada:20190802135437j:plain

   

日、月曜日は自宅から離れており、パソコンもブログも見れず、とても失礼しました。それからいつも読んでいただきありがとうございます。

 

本当に本当に嬉しいです!!

 

さて、優ちゃんと太郎くんの結婚式です。
 

家族と身内だけの素敵な森の結婚式

 

・・・のはずでした。

 

結婚式予定の1週間前。

オババから電話があったのです。

 

「優ちゃんの様子が変なのよ」

「叔母さんが何かまた」

「違うの。そっちは大丈夫。問題は優ちゃんのほう」

「優ちゃんが?」

「ひどく落ち込んでいてね」

 

結婚式前に花嫁がウツになる。いわゆる、マリッジブルーって言葉が思い浮かびました。

同時に、アホって言葉も浮かんだわけでして。

 

いったい、今更。

まだ39歳だとか言ったら、誰だってシバくでしょう。

 

これから良い相手がいるかもとか、それもありえない。出会ったことが奇跡だから!

 

できちゃった結婚、恥ずかしいとかは、もしかして。

 

そんな思いが交差してのマリッジブルーかもしれない。

 

わかるよ、それはいろいろ重なったものね。わかるよ・・・

 

 

なんて言うと思ったら大間違いじゃ!

 

ふざけんじゃない!

 

そんなこと言ってもらえる経験値か!

 

優ちゃんには前から言いたかったことがあります。

確かに、あなたの母は酷い毒親かもしれない。

ネチネチと拘束して、だから何もできなかったかもしれない。

 

けどね、もう一度、言う。

 

ふざけんじゃない!

 

そんな親の壁、10代なら仕方ない。

壁が高すぎて、反抗もできなかった。生活能力もなかったろう。

 

けど、優ちゃん。そんなこたあ、10代の反抗期で跳ね返してくるべきことだったんです。親が、親がって、アラフォー、甘えてる年齢じゃないのです。

 

で、オババ。

「つまり、マリッジブルーじゃないかと」

「今更、そんな、もうお腹に赤ちゃんもいて。確かに結婚前には、そういう気持ちになることもわかります、私だって、魔」

 

魔界といいかけて、思わず口元を片手で抑えました。

もうね、自分の結婚式前、マリッジブルーになる暇もなかったです。

 

オババとオジジに挨拶に行ったときには、オババ、大歓待してくれました。

嬉しかったです、最初は。

 

しかし、さすがにディズニーシャツ、ディズニーワンピース、ディズニーバッグをセットにして、ついでにディズニーパジャマまで送ってきた時には仰天した。ウェディングドレスまで、ミッキー絵柄要求かもと恐怖した。

 

あの日から、私とディズニー攻防戦は始まったのであって、オババに会う前には1回行っただけのディズニーランド。

結婚後は仕事かってくらいに行きました。

 

いったいどれほどディズニーリゾートで過ごしてきたことか・・・

東京ディズニーリゾートのホテル全制覇からはじまって、毎年数回のディズニーリゾート。

 

え?

 

今、羨ましいって言った?

 

そこのあなた、

いいから、一回、下記ブログを読んでから帰ってらっしゃい。

その後に、じっくりと、お話し合いを持ちましょう。

 

funyada.hatenablog.com

 

「だからね」とオババ。

 

「結婚式の準備って、たいしたことしませんから。森でウエディングドレスきて、お互いに誓いの言葉を述べて、それでレストランでお食事って段取りよ。太郎くんも、それでいいらしくて、レストランを紹介したから打ち合わせはするって。ウエディングドレスについては勝江がはりきってますしね」

 

結婚式といっても、八ヶ岳のレストランで食事をするといった、本当に簡単なもので、大した準備もいりません。

 

レストランに行くのに、普通の服で行くか、ウエディングドレスを着ているか、その違いだけの簡単な式です。難しいことはなにもありません。

 

「それで、なぜ、マリッジブルーなんでしょうか」

「あの子はね。勝江が取り込んで育てて、自分の元から離さなかったでしょう。だから自信がないのよ。自己肯定感がなく育ってきたのよ」

「それはわかっています」

 

次にいったん息を止めてから、オババ、言いました。

 

「赤ちゃんができて、幸せなんです」

「ダメです。なぜ不安なのか全く理解できません」

「幸せすぎて、それが怖いそうです」

「へ?、ノロケですか」

「ま、アメのように能天気に育ったものにはわからない感情でしょう」

 

聞きづてならん!

 

「お義母さん。私だって苦労しています」

「おや、どんなご苦労だい」

「そりゃ、オバッ」

 

とっととと、ま、まずい、思わず本音が。

 

「オバババ・・、オバケが怖いんです!」

 

しばらく沈黙がありました。

 

「オバケ?」

 

困った! どうする。

その瞬間、映画CDのパッケージが目に入りました。

黒澤明監督の『夢』です。

 

この作品は8つの夢を描いたオムニバス映画で、最初の作品に狐の嫁入りがでてきます。

これが、実に不気味なんです。

幻想的な森を背景に笛の音が聞こえ、靄(もや)の中から、狐の嫁入りシーンが入ります。オバケが出てくるような結婚式です。

 

これだ!

 

「いえ、あの、黒澤明監督の『夢』って映画で、狐の嫁入りが怖くて、そのオバケが、森で結婚ですし・・・」

 

しばし、沈黙がありました。

狐どろこじゃない、こわ〜〜い沈黙であります。

 

電話の向こう側で、オババが左の口元をグッとあげて皮肉に微笑んだの、見えた気がしました。

 

花嫁のマリッジーブルー

 

電話のあとで、グーグル検索しました。

 

あるメンタルサイトによると。

マリッジブルーの原因は、おおよそ3つあると書いてありました。

 

1 結婚することで生活の変化への不安。

 

優ちゃんの場合、すでに太郎くんと生活を共にして4ヶ月が過ぎ、妊娠もしています。今更、生活の変化にストレスを感じるはずはありません。

 

妊娠については、赤ちゃんを持てること自体が奇跡で、むしろ不妊が心配でした。そこでストレスがあるとも思えません。

 

2 結婚式準備の煩わしさ。舅姑など相手の義実家との関係の不安。

 

結婚式は簡単なお食事会ですし、太郎くんの両親は亡くなっています。不安などあるはずがありません。

 

3 幸福への不安

 

これかあ!

 

驚くべきことに、人間は幸福になることを意識下で恐れているのだそうです。

特に、優ちゃんのように過保護に、と言えば聞こえはいいですが、母親からダメダメと否定的に育てられた子は、内心の罪悪感を拭えないらしく。

 

自分は幸福になる資格がないと思い込むことがあります。

おそらく、優ちゃんが落ち込むとしたら、そういうことでしょう。

 

「それで、優ちゃんは」

「一度、話に行こうと思うが、ご一緒にいかがかと。狐の嫁入りもあるしな」

 

げ! オババ、気づいてる。

勘がいいのです。怖いです。

 

to be continued

 

f:id:funyada:20190917105444j:plain

黒澤監督『夢』第一話

映画『夢』 狐の嫁入りと葬送行進曲

 

黒澤明監督 1990年公開。日米合作映画。

 

第1話「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」から、最終話「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式の映画。

 

各物語の最初に「こんな夢を見た」という文字が出てきます。

これは夏目漱石氏の著作『夢十夜』で冒頭に書かれている文章と同じで、黒沢監督、実際は8話ではなく10話制作したかったのかもしれないって思っています。

 

さて、当時、黒澤映画は予算が膨大というのは有名な話で、日本映画の斜陽化から、その潤沢な予算が出せなくなっていました。黒澤作品は海外からの評価が高かったですが、当時、商業的な成功という意味では難しくなっていたのです。

 

映画化にあたり、黒澤監督を尊敬するスティーヴン・スピルバーグが製作に協力し、ワーナー・ブラザースが配給を担当しました。日米合作映画になった背景には、そうした理由がありました。

 

『夢』公開当時は酷評が多かったです。

 

しかし、今見ても、時代の古さを感じさせない映画です。

米津玄師さんの『パプリカ』冒頭のイラストが、この最終話「水車のある村」のオマージュじゃないかって、勝手に夢想したりしています。

 

中でも第1話の「日照りの雨」は、今も映像が目に浮かぶ印象的な作品です。

狐の嫁入りシーンで、花嫁行列が通り過ぎるのですが、全員、狐の面をかぶっています。面妖な行列、背筋がズリズリする恐怖、なんとも言えない日本的な美に溢れた作品でした。

 

この第1話と最終話「水車のある村」がとくに好きな寓話です。

 

最終話では、ある村でのお葬式の様子が描かれています。これがとても楽しく美しく、こんなふうに黄泉の世界へ送ってもらえるなら、感動すると思える、本当に素晴らしい作品でした。

 


水車のある村 中 葬式行進

 

鈴と太鼓と掛け声と吹奏楽器、葬送行進曲の音色が、今も耳に残ります。

鈴を持ち、赤いちゃんちゃんこを着られた笠 智衆さんも、今はお亡くなりになっていますね。寂しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ