アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【毒親から結婚の道12】名作映画の53年後『男と女Ⅲ 人生最良の日々』が公開決定、お、おう! シニアの婚活かぁ?

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。娘を溺愛し結婚に反対。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。

 

 👵      👵     👵

 

時間の観念は年齢を重ねるごとに違ってきて

 

例えば、65歳過ぎのシニア世代から上の方。

 

20歳が、これから夢と希望をもって、未来を描こうって思うかわりに、

シニア世代は、血圧とか血糖値とかを下げる未来を考えるわけで

 

異性の誰かにドキドキ心臓が高鳴るかわりに

急坂を登るだけで、ドキドキしてる

 

シニア世代は、思考自体がある意味、マイナス思考。

 

オババに言わせると、女性の平均年齢を考えれば、

そんな考えドブに捨てとけって話だそうで、

 

「70歳なら、まだ20年はある!」らしく

「70歳すぎて、ま、それ以上の私個人の年齢は秘密ですがね」

 

って、知っとるわ、オババの年齢、なぜ隠す。

 

「70歳からの20年って、なんにもできないって思うのは間違い」

と、こう、断言するわけ

「なんですか? 老活ですって? 婚活じゃないの。オジジがいなきゃ、私、婚活に走りますからね。だって、考えても見なさい。20歳の成人式を終えたばかりの若造が、40歳をどうみるかってことです」

 

「それは、おじさんです」

 

「そう、おじさんよ。つまり、70歳からの20年は、20歳からの20年と時間的には同じ。私が20歳のとき、男を袖にして、振りまくって、そして、オジジを捕まえて結婚して、息子を産んで、育てて、大学に入れるまで、忙しい人生を送った時間が、まだ70歳から残ってる時間と同じですよ、なにが悲しくて老活ですか」

 

さ、さすが

『死ぬ時はたとえドブの中でも前向きにたおれて死ぬ』坂本龍馬オババ。

 

70歳からの20年が、20歳からの40歳までと時間的には同じと。

ま、言われてみれば、そうです。間違っちゃおりませんて

 

というオババと、マイナス思考が人の形をしているオババの妹・勝江。

心の違いが外見に現れて、今の叔母は妹というより姉に見えます。

 

さて、自殺をほのめかされて、叔母の家に訪れ

最初にしたことは、雨戸を全部開けることでした。

 

空気には、すえた匂いがこもり、キッチンには食べ残しの残飯

娘が駆け落ちして、ほぼ1週間でこのありさまって

いったい何があったってところです

 

そして、ぐじゅぐじゅ愚痴のオンパレード

 

「XXXXXXXXX」って

さらに

「XXXXXXXXXXXXXXXXX」って

もっと

「XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX」って

 

あまりにマイナス志向で、書く気になれねぇ〜〜〜。

伏せ字だぁ。

 

要約すっと、以下の内容です。

 

「夫から離婚届の用紙が届いた。娘は話もしてくれない。私なんて、どうせいらない人間なのよ。ほっといて。死んだほうがいいでしょ、私なんて」

 

だったら、死ぬって連絡しないで欲しいぞ。

 

この自己卑下と自己憐憫と自意識過剰を、いったりきたり、ほぼ2時間。延々と訴えられたわけであります

 

年齢を重ねると話がクドいっていうけど、ちとクド過ぎであって

 

そして、オババときたら相槌だけは、もう芸術の域で、うつむいて必死に訴える叔母の言葉に

 

「うん、うん」とか「ホーホー」とか、合いの手を入れてる。

 

でもってオババ、

 

熱心に聞いてるフリして、こっそり耳にスマホのイヤホン突っ込んでた。

近くにいたし、私の耳には、かすかにメロディが聞こえてた

 

それは、ディズニー音楽のスペシャルメロディバージョンで

 

 ♬僕らの世界のリーダーは

  ミッキーマウス

  ミッキーマウス

  ミッキ、ミッキ、マウス

 

「私なんてどうせ、誰もみてくれないから、みんな勝手ばかりで」

「そっか、そっか、そうね(ミッキーのテーマにのせて)

 

イッツアスモールワールドからの


 ♬It's a small world after all.
  It's a small small world

 

「世界でわたしほど寂しい人間っていないって、わかる?」

「世界中、誰だあって」

 

パイレーツ・オブ・カリビアンからの

 

 ♬ヨーホー、ヨーホー、海賊ぐらし

 

「どうせ私なんて死んだほうが、みんな喜ぶんでしょ」

「ほーほー」

 

とくに『カリブの海賊』の時の「ほーほー」は秀逸で、私的にはツボだった。もう芸術、アート、神域にいたってた。

 

姉妹のアウンの呼吸、入る隙もなかった

てか、入りたくない

 

女って生き物は老いも若きも、話すことでストレスが半減する。

それだけは確か。

2時間、言いたいことをさらけ出した叔母の顔色は良くなっていた。

 

「わかった、勝江」

 

頃合いだったのか、オババ、そっとイヤフォンを外した。

 

「あの男と話してくるから」

 

え? あれでわかっているのかい。聞いてないのに理解してんのかい。

 

てか、叔母の夫、オババの同級生、奴と何を話すつもりなんだか。

 

それは叔母も同じ思いだったのか。

「あの人は、結局、姉さんしかないから」って呟いた。

 

それ、どういう意味?

興味あります、そこんとこ

 

f:id:funyada:20190709170039j:plain

『男と女Ⅲ 人生最良の日々(仮)』

 

そういえば。フランス映画『男と女』の続編が、2020年に公開されるという話だけど、なぜか、私、ここにオババと叔父を重ねてしまう。

 

『男と女』は、私の大好きなフランス映画で1966年公開。

 

美しも知的なアヌーク・エーメと、男の色気満満だったレーサー役のジャン=ルイ・トランティニャン、監督はクロード・ルルーシュ

美しい音楽はフランシス・レイ

 

あの映画の53年後を、同じ俳優、監督で公開するそうです。

タイトルは『男と女Ⅲ 人生最良の日々(仮)』だそう。

 

この最良の日々ってのが曲者で、老人になった時じゃない。若いころの追憶なんです。

 

オババなら、ケッて言いそう!

 

老人ホームにいる男が、息子を介して、もっとも輝いていた頃に出あった女を探します。

てか、すっかりボケはじめているけど、女性は元気で。

 

男女の平均寿命の差を見せつけてる映画でもあって。

 

ジャンルイ、結構いい味だしてボケかましてるようです。見てみたいです。

2020年1月公開予定です。

 

『私達の愛は完璧すぎた、だから私達は結ばれなかった』って、アンヌ役のアヌーク・エーメが言ってます。

 

いつまでも、80歳過ぎても美しい女性です。

 

オババと叔父、一体なにがあって、今の状態なんだろうか?

次は探り出して参りやす。

 

to be continued

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ