アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

【毒親から結婚の道 8】映画『人間失格/太宰治と3人の女たち』って、破滅型男と結婚した女は生きておれない

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。娘を溺愛し結婚に反対。娘が駆け落ちすると、今度は婚約者に、これまでの養育費10億円払えと無理難題

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち、結婚する予定

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年

 

 ⚡️    ⚡️     ⚡️

 

自動車屋で、こういうのもなんだが」と叔父が笑いました。

 

「今の車はね。コンピュータみたいなもので、内部を開いても全くわからん。その点、こういう昔のマニュアル車はね。エンジンはエンジン、クラッチクラッチ、ブレーキはここだって、わかりやすい。自分で触れる 、修理できる。そういうのが性に合っています。エンストしても、上から水ぶっかけて冷やせば、なんとかなるって、そんな機械が面白いさね」

 

叔父の乗るクラシックカーについて聞くと、こんな説明してくれたんで、きっと、シルバーグレーのこの男、モテんだろうなって思ったわけです。

 

破天荒で、周囲に迎合しない、自分の道を歩くことしか頭にない。

 

いつの時代にも、破滅型の人っております。

叔父はそういうタイプの男だと思う。どういう人間かというと、勝新太郎という俳優と太宰治という作家の中間地点。

 

説明するよ

 

勝新太郎は昭和の映画俳優であり、破滅型の超大スターでもありました。

座頭市という映画で人気を不動のものとした結果、ハリウッド版座頭市『ブラインド・フューリー』という映画も制作されたほどです。

 

勝の最も有名な逸話はハワイのホノルル空港。

大麻所持で捕まったときの記者会見で、悪気がないちゅうか、人を食っとるちゅうか。

 

なぜ、大麻を所持していたかっていう記者の質問にね。

大麻がパンツの中に勝手に入っていた」と吠えたんであります。

「今後、パンツはどうするんですか?」てな質問に

「もうパンツは穿かないよ」って煙に巻いたんです。

 

ないないないない・・・

 

けど、きっと、ものすごく面白い男で、包容力もあろう。

こんな男に惚れた女は大変だと思ってしまう。

 

さて、一方、破滅型作家として有名なのは太宰治

3回の自殺未遂のすえ、4回目の心中で命を落としました。

こんな男に惚れた女は、もっとヤバい。命の危険さえあります。

 

太宰の名言は多いです。

「いまは自分には幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎて行きます」

それ! 誰でもすぎてっとる、テレビを見たり、お菓子たべたりで、あっという間じゃ。そこに幸も不幸もないって、いちいち考えんてアメリッシュ 談

 

 「親がなくても子は育つ、という。私の場合、親があるから子は育たぬのだ」

それいっちゃあ、おしまいよアメリッシュ 談

 

「今の女性は個性がない、深みがない、批判はあっても答えがない、独創性に乏しく模倣ばかり。さらに無責任で自重を知らず、お上品ぶっていながら気品がない」

(それ、今か? そっから70年過ぎたぞ、変わったか?アメリッシュ 談

 

「なぜ生きていなければいけないのか」

生まれたからだよアメリッシュ 談

 

豪快な勝新太郎と繊細な太宰治、真逆のタイプですが、破滅型ってところでは一致しており、義理叔父は、その中間な感じ?

 

だってね。

こう言いやがったわけよ。このダンディ叔父、照れもせず。

 

「困ったな。時期が悪い、この結婚は」

「どう、悪いっていうんですか」とオババ

 

それに対して、ま、叔父、恥ずかしげもなく自分勝手な意見を解き放ったわけ、次なる言葉を。

 

「実はね、米国に子どもがいて、将来的に事業をついでもらいたいって考えてる」

「その子ども、妹の子じゃないってわけですね」

「ははは、妙なことを言うね、委員長、そうだ」

「それで?」

「離婚したいと考えてる」

 

ちょっと、待ったぁ〜〜!

少し、休もう。

いっぺん、止まろう。

 

オババ、きっと遠い昔、はるか昔、この男となんかあった。そして、結果、妹に奪われた。ちがうか?

 

でもって、それで良かったぞ、こんなクズ。

いったい、何歳だよ。

あと寿命的には何年だって話だよ。

 

今更、叔母と離婚したいって、それも娘が結婚するって聞いて精神的におかしくなってるときに、更に離婚つきつけて、どうすんの。

 

オババの顔が険しくなりました。

 

「今更、そんなことを」

「いや、取り合ってくれなくてな。まあ、あの人が興奮すると、なかなか手を焼くんだ。ともかくだ。もう別居状態が10年は続いているから、裁判所に行ってもいいと考えている」

 

浮気を繰り返しても妻を愛した勝新太郎

浮気するたびに相手の女を殺した太宰治

 

この中間は、離婚か!

 

この男。

若いころからモテたんだろうな。だが、これほど結婚に向かない男もいないだろう。

 

優ちゃん。

なんてかわいそうなんだ、未熟な母と破滅型で身勝手な父。

 

私、全身全霊で応援する!

あんたを守る!!

父である叔父がなんと言おうと二人の結婚を敢行しようって

 

で、納得がいかないのは、私だけでなく、オババもであって

農家の庭先で、団交はじまった訳です。

 

ピィ〜〜と、上空で鳥が泣いてます

 

「なにがあったんです」

オババが叔父を問い詰めました。

いろいろブツブツ言っての、これであったわけです。

 

「いや、委員長。言った通りだよ」

「わかりません」

「昔っから、そういう所は変わらんな。娘の結婚に賛成はしたいが、もろもろの事情で、そうもできんってこったよ」

「あなたという人は、いつも自分ばっかりで」

「否定はできん」

 

叔父、皮肉に口元を上げ、ニヤリと笑った。

 

「離婚したら、それで、勝江がどうなるか、わかってんですか」

「だからさ、委員長。あなたの出番だ。テストんときも、ノート貸してくれただろう。その要領で頑張れ、応援するぞ」

 

ムカムカするぅ〜〜〜、って私。

オババの顔も歪んでます。

 

「ノートは盗んだんじゃないですか。応援って、あなたが言うこっちゃない」

「そうかね。まあ、なんと言われようと、この結婚は全力で阻止だ」

・・・

「え? パパ」

 

優ちゃんが口を挟みました。

可愛い声で、パパって。

でも、39歳です。忘れないように書いとこう。

 

「僕の姫、だから、お母さんのことは頼んだよ。その太郎くんって男と、よく相談しなさい。パパは無理だ」

「パパは、それでいいの」

「いいんだよ。・・・祝福してやれんが。そこにいる委員長とオマケがお前にはついてる」

「パパには?」

「パパは、ほら、ママの味方をして敵ってわけだよ。なかなか、これは手強いぞ」

 

そう言い放つと、叔父は優ちゃんの頬を2回、ぽんぽんと軽く叩いた。

 

「パパ、なんだか寂しそう」

「そうか、悪いパパだ。じゃあ、バイバイだ。元気でな」

 

そう言って、門前のクラシックカーを見ました。

 

「ここで、かっこよく立ち去りたい場面なんだが、あのオマケ車が邪魔している。移動してくれないかな」

 

はっ。

私の車、いい仕事してる

 

へへへ〜〜んだってんだ

(右手で鼻の頭をこすってやった) 

 

映画みたく、かっこいい悪役として去ろうなんて、普通の生活にゃあない。

悪役でもヒーローでも、逃げたいとき都合よく自動車が来たり、電車がきたり、ロケットがきたり、宇宙船がきたりしないのが、現実の生活で。

 

もっと言えば。

高い階段の手すりの上から落下して、怪我しないって

 

それ、ない!

 

普通は病院送りだ。よくて骨折で3ヶ月の休養が普通ってんだ。

 

でね。

 

もう自慢しとく。車の運転が、マジで下手なんだぁ!

とくに高速の合流と双璧をなす縦列駐車およびバック駐車。

 

この私が簡単に車を寄せられるなんて、甘い希望、簡単に打ち砕いてみせようぞ(ここはキングダム、楊端和風で)

 

私、颯爽と車に乗りこんだ。てか、かなり動揺してた、って言い訳しとく。

 

まず、最初は縦列駐車で横に寄せようと試みて・・・

 

ムリだった!

 

畑前の細い一本道、狭いから簡単にはバックもできないわけで、門のなかに入れて、道を開けようっとは思っている。

 

その試みは、とってもナイスって、たぶん、思う。

 

でさ、バックしていくと、なぜか門柱にカスリそうになったわけ。

 

だから、元に戻して、切り返しだって思うでしょ。

 

したよ!

したとも、皆の衆!

 

切り返して、前に出て、再度、バックしたら、なぜか更に門柱に向かって行くんであります、私の車。

 

どうも、私の意思に反して動こうかと、車のやつ意思をもって決定したようで、すでにAIかって。自動運転かって。

きっとそうだって、どうして反抗するんだって。

 

10回くらい切り返して、もう自分でも訳がわからなくなって、

結果として、車の中心と門柱の中心が、まるで測ったようにピッタリ!

 

どんどん、門柱に近づくていく。

 

ちがう!

 

MMA(門と門の間)で、MCM(門柱に向かう)じゃないって、AIにも納得できるよう暗号化して、ハンドルを諭してみたけど、聞き入れてくんない。

 

私、一回、自分に言い聞かせた。

 

落ちつこうって思った。

 

そう、無意識にMCMしてたって、ほんとはMMAなんだって

暗号を理解してないんじゃないかって、自分でも思った。

 

「嫌がらせかい」って叔父が

「いえ、彼女、ナチュラルボーンキラーですから」と、オババ

そこ、助けるとこっしょ、涙目の私。

「なんだね。それは」

「車に乗せては、人を殺す生まれつきの才能を持ってます」

 

そして、最終的には叔父が言ったんであります。

 

「わかった、わかった。運転、僕がかわろう」って

 

叔父、この場では悪役系。

のはず、けど、なぜか、アホの車をスルスルってバックして入れて、

クラシックカーのフォンを鳴らすと

むちゃっ、かっこよく退場した訳であります。

 

アメリッシュ、そうそうできる運転じゃない」

って、オババが講評を述べた。

 

ほめてないし・・・

 

to be continued

 

f:id:funyada:20190703233137j:plain

 

人間失格 太宰治と3人の女たち』

 

小栗旬主演で9月公開。監督蜷川実花

 

正妻役の宮澤りえ

愛人役で小説『斜陽』のモデルになった太田静子に沢尻エリカ

無理心中ではなかったかと言われる愛人山崎富栄役に二階堂ふみ

 

この3人の女性と太宰を描いた実話が映画化されました。

 

小栗旬が演じる太宰は、色っぽくもヤバい!

 

なぜ、こういう男に惚れて、女は自ら破滅の道を選ぶのだろうか・・・、映画をみれば理解できるだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ