アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

【毒親から結婚の道 4】映画『大誘拐』の身代金は100億円。毒親との勝負で、こっちは10億円。

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。娘を溺愛し結婚に反対。娘が駆け落ちすると、今度は婚約者に、これまでの養育費10億円払えと無理難題。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち、結婚する予定。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

 🌐     🌐     🌐

 

叔母が、ブリブリしながら帰ったあとで、私、オババに詰め寄りました。

 

「いった全体、お義母さん」

「なんですか」

「言葉がありません。嘘だったんですか? 優ちゃんを結婚させないと将来的に困るからって言ったのに、やっぱり、叔母さんの味方だったんですか」

アメリッシュ、気持ちは変わってませんよ。さあ、ちゃちゃっと、おウドンでも料理して腹ごしらえしましょう。今日な長い1日だったわね」

 

その声には疲れが滲んでいました。

で、オババと私、キッチンに、

ん? どうしてこうなった。

 

「そういえば、お義父さんは」

「釣りよ。最近は夜釣りが趣味でね、夕刻になる前の4時くらいから出かけることがあって、おいおい帰ってくるでしょう」

 

ウドン汁のダシを取っている間、私はオババに渡された大根を洗った。

 

「10億なんて途方もない金額、太郎くん払えるわけないじゃないですか」

 

オババ、例の得意のハリニヤで、片方の唇を皮肉にあげました。ハリソンフォード似せて練習した笑い方です。

 

「馬鹿ね。だからいいんじゃないの、なまじ3500万円なんて、可能かもしれない金額じゃ困るんですよ。一人で贅沢もせず生きてきた太郎くんですから、貯金を持ってるかもしれません。農地を売って、自宅を売ったら3500万円。作れるかもしれません」

「だからこそ」

「あなたの頭は、どうも脳みそが全部に行き渡ってないんじゃないかと、ときどき不安になることがあります」

 

あ、ぴ、ぷ、ぺ、ぼ?

 

これ、アホの婉曲的表現?

アホって言われた?

 

チッ。ならアホで逃げる手を使って・・・

 

「豆粒大かと」

「そうですか、そこまでとは、まあ、疑ってましたが」

 

否定して! そこ否定するとこ!

 

ザックリと、大まかに大根を切り、それから、包丁を灯に照らしてみました。切れ味の良さそうな刃をしています。

私、ニッと笑うと、オババもニッと返してきました。

 

「可能な金額ってことでは困るんです」

 

大根、ザックリ! 

オババ、木のまな板を使っていて、音がいいんですねぇ。

ザックリ、トン! ザク、トン! ザク、トン!

 

「面白い切り方で、大根おろしをつくるのね」ってオババ。

「は! これでミキサーを使って大根おろしに」

「なるほどね。問題はウチにはミキサーがないってことです」

「え?」

「じゃ、大根おろしを、どうやって」

「手でおろします」

 

オババ、大根おろし器を手渡ししてくれました。

 

f:id:funyada:20190629231420j:plain

 

早く言わんか。小さく刻みすぎたじゃないか。

オババ、ニッと笑いました。私もニッと返しました。

 

「もし、勝江が民事裁判所に訴えてもごらんなさい。で、あれはやりかねないんです」

「民事裁判?」

スマホ

 

かなり小さく切った大根をおろしているので、手が大根汁で濡れてます。

 

「ほら、あれよ、あれ、イビキみたいな名前の会社、グーグーでしたっけ?」

「グーグル」

「そう、それで。親子の民事裁判って調べて」

 

濡れた手をふきんで拭い、スマホを持ち、Googleで検索しました。

 

「親子で民事ですか?」

「あるはずよ、そういう裁判って、きっと」

「た、確かにあります」

「やはりね。だからこそです。3500万円なら、弁護士も相手をするかもしれません。でもね、10億円って言ったら、相手にする弁護士も、もっと言えば裁判所なんてありませんよ。大富豪の話じゃありませんからね。庶民ですから」

「確かに、グーグルでも親が子を訴えるって難しそうです」

「そう、10億円なら間違いなく相手にされません。うすら笑いで終わります。丁寧にお引き取りくださいって狂人扱いですよ」

 

オババ、例のハリソン・フォードばりにニッと笑いました。

私もニッと返しました。

 

「じゃあ、いくらでもよかったですか。35億でも」

「いえいえ、10億がよかったんです」

「10億に戦略でも」

「昔ね、大誘拐って映画をみましたよ。その主人公が豪快なお婆さんで、いつか同じことやってみたくてね。映画で彼女、自分の身代金を100億って言い放ったのよ。で、まあ、大誘拐の真似して、ただ同じ額じゃあね。お婆さんに尊敬を込めて、10億に下げておいたんです」

 

そ、それ? 10億の根拠? そこ?

 

「は、はあ」

「それに、どうせ、これは勝江の考えじゃないでしょうし」

「え?」

「勝江相手なら100戦100勝です。問題はないですが」

「・・・」

「こういうことを言い出す相手は想像がつきます」

 

いえ、全く想像がつきません。

叔母以外にも敵がいるっての?

 

「いいですか」と、オババ

「勝江は直情的で感情的で。なのに太郎くんの家に殴り込みいかなくて、こっちに来るなんて、あの子らしくない。やり方が狡猾というか、戦略的です」

「・・・?」

「あの男が出てきたんです」

「あの男?」

 

あの男って言ったとき、オババにちょっと動揺みたいなものを感じました。

あの男。英語なら、「The man」

このニュアンス、なんか覚えが・・・

 

「優ちゃんの父親ですよ」

「叔父さんって、家に帰ってきてないっていう叔父さんですか」

 

叔母の夫、叔父には結婚式以来、会っていません。

あまり記憶にありませんが、確かオババと同じ年齢の洗練された紳士だったような。

 

自分の結婚式って、周囲の人に構ってられないというか、ほとんど見てなかったんだけど、それでも叔父は印象に残っています。

 

一瞬で強烈な印象を与える、そんな男だったからです。

 

大勢の人がいても、人々が自然に目が行くって、そういう人っているじゃないですか。

オババの夫であるオジジとは真逆の雰囲気で。

ごめん! オジジ、いい人だから。穏やかで真面目で。

 

「出てきたんでしょうよ」

「叔父さんが」

「どうせ、勝江よ、あらゆるところへ泣きついて、夫にも連絡したのよ。あの男、冷たい人間ですが、優ちゃんの父親ではあるわけですから」

 

なんか、オババの声に棘がある。

あの男って、まるでシャーロックがアイリーンを呼ぶような、そんな特別な響きがあって、密かに私、震えました。

 

ちなみに、シャーロックとアイリーンについてご興味があれば、下記記事をご覧ください。

 

funyada.hatenablog.com

  

で、あの男って。

いやな予感しかしないんですけど・・・。

 

オババ、ニッと笑いました。で、私も恐る恐るニッと返しました。

 

to be continued

 

 🌐     🌐     🌐

 

映画『大誘拐』1991年公開

山林王で柳川家当主である柳川とし子、小柄な82歳の老女です

この老婆を誘拐して5000万円の身代金を要求しようとしたチンピラは、豪快な老女の計画に乗せられ、国家権力とマスコミを手玉に取って100億円を略奪することになってしまいます。

まことに爽快、痛快、大爆笑のストーリーです。

昨年、2018年年末にもテレビドラマとして制作されました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ