アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【毒親から結婚の道 3】毒親、本性さくれつ!映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』姉弟喧嘩って世界を破壊させたから。

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。娘を溺愛し結婚に反対。娘が駆け落ちすると、今度は婚約者に、これまでの養育費3500万円支払えと難題を突きつけた。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち、結婚する予定。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

  🌍     🌍     🌍

 

「3500万円、支払ってもらいます。あの男に」

 

駆け落ちした相手には、太郎という名前があるわけですが。

叔母、あの男って、名前も口にしたくない様子です。

 

声も憎々しげで、唇を曲げ、憎悪100倍ってか、憎悪度マックスってか、

憎悪、全身で表現しています。もうアーティスト、どう表現すれば相手に気持ちが伝わるかって、ゲルニカ描いたピカソばりの執念、感じます。

 

そして、39歳まで育てた娘の養育費に

な、なんと3500万円の請求。

 

憎悪、お金に換算したぁ〜〜!

 

完全に狂っている。もう、目がイっちゃてる。

 

オババ、目を細めました。

 

「3500万円、ほほう」

「びた一文まけません」

「そう」

「な、なによ、その顔」

 

ふたり、睨みあってる。

え? リアル姉妹ゲンカ?

その現場にいる。事件は現場でおきてま〜すって、そういうこと?

 

「セコいわね」

「セコいですって」

叔母の声、裏返ってます、私の感情も裏返ったけど。

 

「そうよ、小さいころからセコかったけど、さらに磨きをかけたわね。忘れてませんよ。バナナ事件」

「バナナ事件って、あ、あれは姉さんがいらないって」

「なに言ってるのよ。当時、バナナがどんだけ高級品だったか。それをあんた、私のぶんまで食べてちゃって、こっそり食べて、犬のコロのせいにしたでしょ、昔っからセコかったわ」

 

バナナが高級品?

いつの話よ、それ。

てか、今する話?

 

「それで、3500万円、ますますセコいわよ、あんた」

 

そうそう、話はそれで、3500万円を寄こせなんて。

え? セコい金額じゃなくって、大金だけど。

 

「それでいいわけ。案外と少ないわね、たったの3500万円って、セコい金額だわね」

 

3500万円がたったって言ったぁ!

言い切った!

 

オ、オババ〜〜〜!!

なに言うた?

少ない? 自分で言うとること、理解してっのか?

 

家一軒建つぞ! 車ならフェラーリ買えっから。

うまい棒なら、主食にして一生涯かけても、食べきれんほど買えて、隣近所に配り歩くレベルだから。

なんなら、私にくれ!

 

「す、少ないですって」と言った叔母の声、さらに高音に裏返ってます。

「ああ、少ない、勝江。あなたの娘に対する愛情って、そんなもんですか」

「違うわよ!」

「ほお?」

 

姉妹、鼻息が荒いです。

 

見合ってます。言葉を先に発したほうが負けって、そんな感じに見合っていて。私、行司役?

 

兄弟喧嘩で世界を滅ぼしたのは、映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』であって、オババと叔母の間でも火花、パチパチ! 雷なりそう、炎あげそう。

 

f:id:funyada:20190629093505j:plain

ところで、こんな場合にノンキな感想ですが、ちょっと、ブレイク。

 

マイティ・ソー/バトルロイヤル』 

 

面白かったぁ。単純に見てる間、楽しめる映画でした。

これ、壮大な姉弟喧嘩の映画で。

ソー:北欧神話の雷神トールがモデル

粗暴で一途だけど裏表がない、ま、いってみりゃ単純男。

ちょっと小賢しい小悪魔女なら、簡単に落とせそうなタイプで。

(ところで、小悪魔タイプの女って、同性にとり非常に厄介な相手であります。すぐ男にあきて、それだけならまだしも、友人の男に手をだすんです。

こういうソーみたいな単細胞を軽く手玉に取る才能を天性で持ってます。

サラサラ髪を左手ですっとかきあげ、白い頸を見せる匠で、この技ひとつで10人ほど落としてきます、かわいい声でニャンニャンです)

ま、ソーの場合、一途に愛する相手がいないってな条件付きですが。

彼みたいな男性は女性を裏切らないのです。弟ロキのようには、こいつは簡単に裏切る。結婚相手ならソーでしょう。ちょっと乱暴ではありますが。

 

ロキ:ソーの弟。北欧神話、イタズラの神、ロキがモデル

口八丁手八丁で、すぐ兄を裏切って、強い者につく。兄を愛しながら嫉妬しています。今で言う、こじらせ男であって、小悪魔女と対をなす男ちゅうか、小悪魔女が手を焼くタイプです。

でもって、わたくし最愛のロキさまであるんです。

 

ヘラ:二人の姉、北欧神話の死者の国を支配するヘルがモデル

銀河系宇宙に恐怖をもたらした最強の美女。小悪魔女では足元にも及ばない。

てか、小指一本で殺す。傲慢、プライド最高、ぜったい近づきたくないタイプで、うっかり近くと火傷します。マジで。

 

で、この姉と弟の兄弟喧嘩を壮大に繰り広げるのがマイティーソー/バトルロイヤルであって、この春、大ヒットした映画『アベンジャーズ・エンドゲーム』より前の作品です。

アベンジャーズ・エンドゲーム』でも、ソーさま、活躍してます。

ロキさま、出番少ない、もう一回、生き返らせるつもりないのかい?

8月にデジタル配信するそうで、見なきゃな、です!

 

で、宇宙からの地球で、狭い日本の、さらに狭い関東の、さらにって、

Google Earthでどんどんズームインしていくと、オババの家に着くわけで。

 

そこで繰り広げられているのは北欧神話じゃなく、日本神話からある姉妹喧嘩であって、星は破壊されないけど、私のメンタル破壊しつつあります。

 

「安い! あんたの娘への思い、たった3500万円」

「ち、違うわよ、ほんとは4000万よ」

「また、ちびちびと値上げすんのね」

「そう、そんなに言うなら5000万よ。もうこれ以上はまけられない」

 

お、おいっ! オークションじゃないんだから、

そこで金額あげてどうすってのよ。

だいたい3500万円でも非常識で、それを5000万って。

 

オババ、裏切ったのか。敵に、妹に肩入れすんのか。

優ちゃんを結婚させるってのは、崖っぷち婚活の唯一の道で、

この道しかないって言ったの。オババでしょ。

 

なにしてんの?

 

が、オババ、それから、さらに不敵に笑ったんであります。例のハリソンフォード似の片方の唇をあげてニッとやるやつ。そして、言い放ったんであります。

 

「10億!」

 

私と叔母、同時にオババを見つめ、なぜかシンクロ率100パーセント。

10億って。

私の鼓膜、破れてる?

 

「ジュ、・・・10・・億」

「そう10億」

 

なに言っとるじゃあ。太郎くん、どう逆立ちしたって、そんな金ないっしょ。

てか、そんな金、ビル・ゲイツに言えって話で。

で、なんでオババが・・・

 

「い、いいわよ。10億、そう10億ね、いただきましょう」

って、言う叔母の声が震えてる。

 

・・・私だって震えてる。

 

to be continued

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ