アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【毒親vs結婚 5】米国では普通の無痛分娩。100年前、詩人与謝野晶子が受けてた。で、女性が肌ツヤが最高の時期は?

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を超過保護に育てる毒親。結婚に反対していたが妊娠でコロっと変わる。夫との離婚を納得していない。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。妊娠が発覚。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

映画『トワイライト』にハマったオババたち。

 

「これが、森の結婚式です」

「であるか」

 

オババ、織田信長調の返事をして、トワイライトをハワイナイトと聞き間違えた叔母と勝負しています。

 

ヴァンパイア映画にハマった姑と義理叔母、つまり、オババとその妹です。

映画のラストシーンが終わり、二人、数秒だけ無言でした。

 

「ベラ、目を開けたぞよ。最後の瞬間」

「ですね」

「続きをはよ」

「え? まだ先を」

 

オババ、言葉使いに侍が入ってます。こういうときのオババは絶好調。

 

「おのれは、この先を見ずして生きていけるのか」

 

そんな大げさな。

喧嘩していたはずの叔母まで、隣でうなずいてます。

 

続きってのは、映画『トワイライト/ブレイキンドーン Part 1』の続きで、Part2のことです。

 

が、しかし、オババ、物事のことわりを忘れているのであって、

これは優ちゃんの結婚式の話し合いで、

映画を鑑賞する夕べじゃないんです。

 

そこがなぜか、あっち方向へ向かい、この軌道修正、私の役目?

 

ところで、私が優ちゃんのために頑張る理由、不思議じゃないですか?

そう、今、読んでらっしゃる、あなたの不思議です・・・

 

ギリ従兄弟です。姑の妹の娘です。

なんで、そこまでって。

その理由、実は・・・

 

 

優ちゃんが好きなんです!

 

この一言であります。

 

なぜかって、それは・・・

 

むかしむかし

あるところに、深層(?)の令嬢として育った女がいました。

とある男に恋をして、結婚を決意しました。

 

が、その先は、魔女たちが蠢(うごめく)く魔界の園。

豪快なディズニーオタクで支配者タイプの姑に、釣りバカ親父の舅。

 

別居した夫を待ち続ける狂気の叔母。

その他もろもろ・・・、

(これ以上は家族の恥を晒せないので割愛、てか、もう充分、晒してる)

 

そのなかに、一人だけ輝く姫がいたんであります。

おっとりとした癒し系の姫が。

 

それが優ちゃんです。

 

アメリッシュ家に同化し、もはや魔界の一員としても、立派にやっていけてる私が、この家で最初に心を許して、ほっとできた人物。

 

会った瞬間。目の前で消えたと思っていたら、つまずいて転んでいた優ちゃん。

周囲に溶け込む笑いを提供してくれた優ちゃん。

 

あの時の恩を、今、返すときなんだ!

 

毒親オバに育てられたのに、素直でまっすぐで、多少、大丈夫かって思うほど、気持ちのきれいな優ちゃん。

 

きれいすぎて、自分の境遇に涙しながら耐えてきた優ちゃんが、今、立ち上がった。私が助けずに誰が助けるって、そんな気持ちなんで。

この奇妙な正義感。誰が疑問に思うのだろう。

 

森の結婚式

 

病院から退院した優ちゃん 、ほんわかしてます。

ハートマーク、周囲に撒き散らして、39年待った幸せを享受しているかのようで。

この子が母になるなんて。

 

ていうか、大丈夫なんか!

 

なんせ、ジュース缶のプルトップ、抜いたのはいいけど、指にはまり取れなくなって泣いてた子ぞ。

いえ、このエピソード、子ども時代じゃありません。

26歳でしでかしたことです。

 

優ちゃんと赤ちゃん。

 

それは絵になります。

聖母像のような絵です。

でも、生活感、まったくありません。

しかし、今は、未来の心配より、現在の懸念。

 

結婚式をどこでする問題。

 

翌日、皆で太郎くんの家にいました。今日も夏日で陽が地上に照りつけ、夏眠したい私です。

 

夏の間中、眠って過ごし、秋にほっこりと起きたい私です。

でも頑張りました。

 

「じゃ。俺、農作業がまだあるんで、後でまた」

 

って、お昼休みに戻ってきた太郎くん。私たちの顔を見ると、さわやかに挨拶して出て行きました。

 

「じゃ。あとでな。結婚式のことは、この子と相談しおきます」とオババ。

「ありがとうございます」

 

太郎退場!

その瞬間、叔母、優ちゃんにすがりつきました。

 

「お腹、痛くない。赤ちゃんが蹴ってるとか」

「まだ、なにも感じない」

「血が欲しくなってない?」

 

血?

 

叔母さん、昨日の映画『トワイライト/ブレイキングドーンpart1および2』までしっかり観て、それも私の家のリビングのテレビ占領して見て、すっかりヴァンパイアに感化されてます。

 

ベラが宿したのは吸血鬼の子どもで、普通の食事ができなかったのです。

それで体が弱って、人間の血を飲んだんです。

叔母、太郎くんを吸血鬼と疑っています。

 

もうね。こんなふうに、すぐ感化されるのが叔母の特徴で、変な宗教に勧誘されかけたことも何度か。

 

10万の印鑑も、20万の布団も、50万のツボもすべて買い揃えてた。

その度にオババが立ちはだかって、返品してた。

 

「優ちゃん、食事はどう?」

 

オババが軌道修正しました。

 

「食欲が出てきたの。病院のお医者さまも言ってたけど、私、つわりが終わったみたい。でも、不思議」

「なに、なにか問題でも!」と叔母。

 

叔母、なにか問題を探して詰め寄ってます。

もうすごい勢いで、まるで不幸がなけりゃ、自分で作るぞって勢いです。

 

不幸好きな人っていますよね。

不幸じゃないと生きてけない人。

で、その不幸好きの魔女の子。なぜか光のなかで生きてます。

 

ていうか、優ちゃん、病院から帰ってきて体調もいいのか。

お肌、キラキラ、肌荒れもなく、透き通るように綺麗です。

 

妊娠時はエストロゲンというホルモンが普通の数十倍はでるそうで、

 

ま、眩しい! 眩しすぎる。

 

今更ながら、妊娠してみたくなる肌のツヤ、いったいどうなってる。

 

女性って、妊娠時が最も美しいって、祖父が言ってましたが、そうかもしれません。生に輝いてます。年齢関係ありません。アラフォーでも20代の肌です。

 

「うん、つわりがあったのか、わかんなかったの」

 

さすが、優ちゃん。

つわりさえ、気づかないとは、ま、こやつならって、思わずオババと目が合ってた。

 

「結婚式のことだけど、太郎くんは親戚とか、誰か呼ぶの?」ってオババが、再び軌道修正した。

 

「太郎くんね。ご両親はいないし、親戚とも疎遠だからって、特に呼ぶ人はいないって。仕事の関係の人を呼ぶのも必要ないって。だから、家族だけで式をあげようって相談しているの」

「そうですか。それはいいわね。じゃあ、森の結婚式を家族だけで」

 

それを聞いた叔母、むふ〜〜んってすごい鼻息を飛ばしました。

 

「何を言っているですか! この子には盛大な結婚式したいのですよ。森でちんまりなんて、そんな世間体の悪いこと、ママが許せません!」

 

これまでの優ちゃんなら、ここで、「うん」ってうなづく。

誰もがそう思っていた。

 

ところが、

 

「ママ」って、優ちゃん、いつものほんわか声で言ったんです。

「ママ、太郎くんと私の結婚式なの、ママは黙って」

 

ぎょぎょ!

私、驚いて目を見張っていました。

ついに、優ちゃんも人間界に陥落した。

 

その先は魔界ぞ。

 

けど、それよりも叔母。

 

『鳩が豆鉄砲を食ったよう』って、古いことわざがありますが、まさにそれだった。

リアル豆鉄砲!だった。

 

「でも、優ちゃん」

「ママ、結婚式に来なくてもいいわよ」

 

優ちゃん、天使なんか悪魔なんか。

強い! 強すぎる! 魔界、飛び越してる。

 

叔母、へにゃへにゃと、その場に座りこんでいて、オババ、びっくりしながらも、次の言葉につなぎました。

 

「実はね、八ヶ岳のほうにレストランを持っている子がいて、うちの、ほら30人ほどのお仲間の息子がね」

 

あ、あの、オババの愉快な老人会の仲間たち。

まさか、結婚式にしゃしゃり出てくるつもりなんかい。

 

「これ、どう。レストランのお庭で結婚式って、素敵でしょう。八ヶ岳の森よ。アメちゃん、ホームページ見せたげて」

 

ホームページっていきなり振られても。

私、レストラン名を見て、グーグル検索した。

 

「わあ」って、優ちゃん、目を輝かせてみています。

「太郎さんに聞いてみます」

 

to be continued

 

f:id:funyada:20190913115405j:plain

与謝野晶子『みだれ髪』角川文庫より

 

100年前に与謝野晶子も受けた無痛分娩

 

昨日のブログで江戸時代の怖い出産について書きました。

 

今日は欧米で一般的な無痛分娩についてちょっとばかり。

米国では80パーセント、ヨーロッパでもフランスが米国並みに多く施術していいますが、ドイツは日本と同じで少ないようです。

 

最近のデータによる日本の無痛分娩データ

2014年度 4.6パーセント

2015年度 5.5パーセント

2016年度 6.1パーセント

 

徐々に増えていますが、それでも米国80パーセントには遠くおよびません。

これは医療設備の差もあります。

 

無痛分娩は簡単に行えるものではなく、ベテランの24時間体制の麻酔医など、設備が揃っていることが条件です。日本はまだ、そうした設備の揃った病院が少ないという現状もあります。

 

ところがです。ほぼ100年前です。

 

1916年、与謝野晶子が日本初の無痛分娩をしたことが記録として残されています。順天堂大学『順天堂式無痛分娩Q&A50』より)

 

与謝野晶子といえば多産。6男6女、計12人を生んだ、肝っ玉かあさん

 

「私は人間の力で人間の苦痛を除き得る確信を得たことが近代人の誇るべき自覚の一つだと思つて居る。従って私は平生から、避け得らるべき肉体の苦痛を避けずに居るのは無益な辛抱だと考へて居る。私は近江さんのご厚意に由って私の理想を私の今度の産に実現し得えたのが嬉しい」(1917年刊行『我等何を求むるか』収録、<無痛安産を経験して>より)

 

驚きました!

 

角川文庫さんより与謝野晶子『みだれ髪』発売中。

明治時代から昭和初期にかけて、自由と恋に生きた情熱的な歌人です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ