アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【毒親vs結婚 2】低予算で素敵な結婚式。低予算で人気映画『トワイライト』で、森のウエディングは女子の夢

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を超過保護に育てる毒親。結婚に反対していたが妊娠でコロっと変わる。夫との離婚を納得していない。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。妊娠が発覚。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

結婚式はどこで

 

過保護でなんもできず、ていうか、母親である叔母がなにもさせず39歳になった優ちゃん。引きこもったあげく、自分がだめだと責めてきた優ちゃん。

 

ついに、母になります。

そして、結婚します。

 

え? 逆じゃないって、そう思ったあなた。

 

とくに、《オババ》私の姑の関係が今ひとつ分からない。

と書いてた浮波雲 (id:awa1955)さん。

 

姑は姑や。私の夫の母親や。

私とオババは嫁と姑の関係や。

 

オババ、怖いんやで、ちっとやそっとのことじゃ動じない、その辺の男じゃ太刀打ちできん。そんな、お婆ちゃんだ。

見た目はお婆ちゃんっていう言葉では表せない、ディズニーファッションが決めポーズのかっこいい婆ちゃんや。

 

で、私は逃げたくなるって、そんな姑や。

 

このオババ、現実世界にもファンがいるんですが、

最近困ったことに、ブログに書いてたら、あろうことかブログの仮想空間にもファンができてた。

 

困ってます。

 

私、嫁だから。普通の嫁として、お互いにむちゃ気を使いながらの嫁姑関連。そんな冷たい関係になってみたい。

 

そんな夢はある!

 

現状、喧嘩どころか、思いっきり振り回されてる。まっるきり親子みたいに仲がいいです。

 

そういえば、誰だっけ、『私には夢がある』って高らかに語った有名な演説がありましたね。

 

キング牧師の演説『私には夢がある』

 

米国ですべての人種が平等であることをうたった、キング牧師の有名な演説。下記はその一部です。

 

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: “We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.”

 

私には夢がある。

それは、いつの日か、この国の国民が立ち上がり、

「われわれは、すべての人間は平等に造られていることを自明の真理とみなす」というこの国の信条を真の意味で実現させるという夢である。

 

てな、すばらしい演説で。

 

で、それ、私もね、思ったわけよ、I have a dreamってね。

アメリッシュ・・・、渾身の『私には夢がある』

 

I have a dream that one day I will rise up and live out the true meaning of my right: “We hold these truths to be self-evident, that all YOME and mother-in-low are created equal.”

 

私には夢がある。

 

それは、いつの日か、私が立ち上がり、「すべての嫁は、姑と平等に造られていることを自明の真理とみなす」というこの信条を真の意味で実現させるという夢である。

 

f:id:funyada:20190910103706p:plain

私には夢がある

オババシリーズについて

 

もうね、このシリーズ。なぜか100話くらいになっていると思う。数えたことないから知らないけど、ま、結果としてそうなったんであって、だから、過去の話、もう説明しない。もう、あやまっとく。

 

ごめん、ついて来れん人。ついて来れんでも面白いって話、書けてたらいいけど。頑張る。

 

ともかく、オババは姑だよ。

で、そのオババとその妹、つまり、婆ちゃん二人が、うちのキッチン占領して、冷たい戦争しているってのが、昨日のブログで、

 

お互いに面と向かって話さないんであります。すべての会話が私を中間にして続いている。

あのね、会社で一番大変な役職って中間管理職だから。

 

上と下の板挟みで胃、壊すから。

 

ともかく、キッチンテーブルの上の議題は結婚式。

 

ぷぷ子(id:buta-pupu)ちゃんが北海道の結婚式は会費制で楽だって教えてくれ。

 

よねこ (id:mamekousagi)ちゃんが、名古屋の結婚式は菓子もまくって教えてくれ。

 

菓子じゃなくマンジュウをまく福井県の結婚式ってのも聞いたことあって。

 

で、アメリッシュ家関連の結婚式はどうするって話になっております。

 

叔母が。

 

「結婚式は形式が大切ですから、優ちゃんだって、ウエディングドレスを着て豪華な式をしたいに決まっています。あの子はね、すぐ遠慮しますからと、以前より10歳くらい老けた人に伝えてください」

 

おおお・・・、叔母、急所ついてきた!

オババに老けたって言った!

 

こ、こ、こ、怖すぎる。それ、禁句だから。

オババ、いつも言ってるから、

 

「まだまだ若いものには負けませんなんて言うシニア世代、気にくわないです。実際に若いのですから。言う必要もありません!」

キリって言い切ってる。

 

若く見えるって言われるたびに、嬉しくなさそうなの、私、知っているから。

完全に若いって思っている。

 

ちらって目をあげると、オババ、左の唇の端がピクピクしてる。

 

「あ、あの、豪華な式がいいそうです」って、私、伝言した。

 

右手でスマホを操りながら言った。

この結婚式問題は解決の糸がみえない。だから太郎くん達に聞くしかないって、数分前にメールしといた。

 

で、やっと返事がきたのか、スマホが震えています。

ほっとした。

 

アメリッシュ姉さん、結婚式ですが、僕と優ちゃんは森で結婚したいと思っています。優ちゃんは、トワイライトという映画の大ファンになっていて、ベラとエドワードが森で挙げた結婚式に憧れていると聞きました。僕は優ちゃんの幸せな顔がみたいです』

 

オマエなぁ、いくらでも平和ボケして幸せな顔みてろ!

こっちはなぁ、

もう戦闘態勢に1時間以上、入ってんだ。

 

オババと叔母を相手にして、そのノホホン的な返事、もう、太郎ちゃん、子どもが出来て、頭がお花畑か。優ちゃんと同類か!

 

へいへいへい。

キッチンテーブルでは冷戦。そして、ご本人たちはトワイライト。

 

「あの、優ちゃん、トワイライトで結婚式を挙げたいそうですが」

 

「トワイライト?」

 

オババと叔母、同時に驚いてます。

そっか、ヴァンパイア(吸血鬼)の結婚式、みたことないな。

 

「ご存知ないですか?」

「あら、知ってるわよ。若い人たちのこと、そこの老人は知らないでしょうが」ってオババ。

 

やっぱ、根にもってる。

老けたって言われたことで、怒ってる。

で、オババがディズニー以外で、こういう映画知ってるはずないから。

 

「私も知っているわ。ハワイナイトでしょ」って叔母。

 

ハ、ハ、ワイイト?

また、ややこしいこと言い出したあぁぁ・・・

 

どう言う意味、もしかしてハワイの結婚式だと勝手に脳内変化した?

 

「ハワイで結婚ですか、でも、優ちゃんは高齢妊娠中で、旅行がむずかしでしょう」ってオババ。

 

してる〜〜!

 

すっかりハワイになってる!

うわーー、二人で同時にシンクロしてハワイにしちまった。

違うから、誤解だから。

 

どうしたらいいんよ、私。

ほっときゃ、このまま、ハワイに行きそうだ。

 

to be continued

 

f:id:funyada:20190910001721j:plain

映画『トワイライト/ブレイキングドーン1』森の結婚式

映画『トワイライト』シリーズ全5作

 

原作はステファニー・メイヤー作のベストセラー小説『トワイライト』

 

美男美女のヴァンパイア(吸血鬼)と人間の恋愛ファンタジー映画。

 

内気なベラは17歳の女子高生。警察官である父親の住む田舎町フォークスに引っ越してきます。そこでエドワードという知的で美しい青年に出会い、恋に落ちるって物語です。

 

エドワードは現代に生きるヴァンパイア。

恋には波乱がつきもので、あっちいったり、こっちいったり、狼男のライバル出場したりして、第4話で、ついに二人は結婚します。

 

それが森の結婚式、ハワイじゃないです。

 

この映画、とても面白いです。女性用なんて、なめちゃアカンです。狼男の集団交えたヴァンパイア同士のガチバトルあります。

 

トワイライト全5シリーズ

トワイライト〜初恋〜』(2008年公開)

『トワイライト/トワイライト・サーガ』(2009年公開)

『トワイライト/トワイライト・サーガ』(2010年公開)

『トワイライト/ブレイキング・ドーン Part1』(2011年公開)

『トワイライト/ブレイキング・ドーン Part2』(2012年公開)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ