アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴ってちいさなディズニーランドを目指してる・・・、な〜〜んてな

【婚活 その7】結婚詐欺師、ついに現れる!

《オババ》私の姑、究極のディズニーオタク。ディズニー愛がすべての豪傑。

《叔母》ひとり娘をこよなく愛する優しすぎる叔母、娘の婚活に悩むオババの妹。

《優ちゃん》叔母のひとり娘。究極の箱入り娘。39歳で初恋。結婚詐欺問題が発生中。

 

   🔴     🔴     🔴

 

アメリッシュ、天王山だ」

「ハッ!」

「優ちゃんのため、一肌ぬいでくれるな」

「力およばずとも、精一杯で」

「私も、こうなったら一肌でも二肌でも、なんなら全部ぬいでみせようぞ」

オババ、それはアカン。全ヌードはさすがに困る。

誰が困るって、私が一番見たくない。

 

叔母の家を後にしてすぐ、国道を運転中に優ちゃんからメールが届きました。

結婚詐欺師認定済みの太郎が、みんなに会うという。

次の土曜日が、都合がいいらしい。

速攻の返事とは・・・、なかなかキモがすわった相手のようです。

ネットで調査した、ある狡猾な詐欺師と似ているのかもしれません。

 

某記事によると

婚活アプリで出会った、その結婚詐欺師Aは、女性の親戚に堂々と会い結婚式場まで決めてからの、まさかのドタキャン。実はAは既婚者で自称34歳だが、実際は54歳だったという。年齢さえもサバを読まれ、式場の契約金など大金を騙し盗られたとありました。(東洋経済onlineより)

 

太郎も相当のツワモノかもしれない。

ともかく会ってからの話とオババ。まずは優ちゃんの目を冷ますことを主軸とする計画になりました。

「では、会う場所が大事ですよね」と、車のハンドルを握りながら、オババに聞きました。

「そう、場所をどうするかじゃ」

「叔母の家はまずいですね、詐欺師に家を知られるのは」

「もちろん、ダメでござろう」

うーーん、オババ、まだサムライ言葉が抜け切らない。相当に気合いが入っている証拠です。

「でも」

「ん?

「すでに優ちゃんが自宅を教えている可能性は、何%でしょうか」

沈黙が降りた。

「ホテルなら当てがある」と、オババ。

自宅の話は聞かなかったことにしたようだ。

「よかったです。場所は重要ですから、当てがあって、それでどこですか?」

「ディズニーランドホテルだ」

え? 私の聞き間違いか?

今、ディズニーランドホテルと言わなかったか?

 

 🎶僕らのクラブのリーダーは〜〜

  ミッキーマウス ミッキーマウス

  ミッキー ミッキーマウス

 

頭のなかステレオ音量で、ミッキーミッキーマウスって鳴り響きました。

「いえ、それは、今回は、ちとまずいかと」

「では、ミラコスタあるいはアンバサダーホテルでも」

マジですか、オババ。

マジで言ってますか? 

 

 

ディズニーランドホテルがダメなら、ミラコスタにアンバサダーって。

同じだから、それ、まあああああったく一緒だから。

全部、ディズニー直営ホテルだから、ディズニーが誇るホテル代表だから。

だめだぁーー、ダメすぎて言葉がでない!

私がしっかりせねば、ディズニーと詐欺で収拾がつかなくなる。

ディズニーリゾートの、あの底抜けに明るい場所で、オババが冷静になるはずもなく、いつものようにアトラクションめがけてまっしぐら。

それを追いかける私たちって、

詐欺師も驚くわ!

そりゃ、逃げるわ!って、

 

え?

え?

えええーーー!

 

案外、オババ策士かぁ?

その策悪くはないのかも・・・、てなこと考えた私、理性的な思考能力が残っているのか苦しみます。

「土曜日のお天気はどうなんですか」

「天気晴朗なれども波高し」

「あの、波って」

「知らぬのか。ロシアのバルチック艦隊を撃沈した秋山氏の言葉ぞ」

聞かなかったことにしておこう。

 

信号待ちでググると、土曜日はクソ暑い日になると予報しています。

30度を超えるディズニー、そして週末。激混みのうえに、猛暑日が重なると、それは・・・、

funyada.hatenablog.com

ディズニー、悪い考えでもないかもしれない。

あの試練に耐えうるほど、詐欺師の人間ができているはずがない。逆に、それほど人間ができていれば、詐欺師などなっていないでしょう。

「ディズニーの直営ホテルはパークに近すぎないでしょうか。別のオフィシャルホテルでは」

「では、シェラトンでも苦しゅうないぞ。あそこのレストラン、まだ入ったことはなかった。なかなか良さそうであるな」

って、オババ、なにをしに行くのか忘れてないか?

「お昼前後なら、みなパークに出払ってホテルは静かであろうしな」と、更に自己主張を強固に固めています。

「確かに」

「午前中は、それで我慢して、午後からのスターライトパスポートを使えば、チケットも安い」

オババ、やっぱり本筋から、少しズレていないか? 少しだけと思う私の判断力がズレているのか?

 

そして、運命の土曜日です。

朝からキラキラ輝く太陽が眩しいほどの晴天で、気温はぐんぐん上がっていきまた。

私たちはシェラトングランドベイホテルに向かいました。

 

オババはディズニーファッションで平常運転です。

間抜けすぎて、もう言葉もないです。詐欺師、ディズニーグッズに身を包んだオババをみて、どう判断するでしょうか? ま、混乱はするでしょう。

そういう意味では正解なのか?

これらかの予想が全くつかないアメリッシュです。

f:id:funyada:20190612134838j:plain

私たちは先に到着していました。待ち合わせ場所はロビーです。

叔母も合流しましたが一人でした。

「優ちゃんは?」

「なんでもモノレールまで迎えに行くと」

「いきなりの遅刻か!」

いや、オババ、私たちが早すぎるから。

約束は11時30分

今はまだ11時

 

オババ、ロビーの正面入り口前に立ちました。

ディズニーファッションのまま、左右に両足を広げ仁王立ちしています。

ま、まさか、このまま30分、立ち続けるおつもりか。

ロビーのドアが開くたびに、入ってくる客を睨んでいます。

彼らは一様に目を逸らします。そして、一様に背後からチラチラみてきます。

ごめんな、楽しいディズニーのひとときに異様な空気を持ち込んで。

私たち、これから詐欺師との決戦が控えているんで。

・・・。

私、少し後悔してるんです。この場で、仁王立ちの背後で、おつきの従者。とてつもなく荷が重い。なにも持ってないけど、なんか重い。

 

その時です。自動ドアのガラス越しに二人の姿が見えました。優ちゃんと気づいた瞬間、彼女の姿が視界から消えました。

ホワット?

と、男が優ちゃんの肘をつかんでいます。

そうであった。優ちゃん、すぐ転ぶんです。とくにハイヒールを履くと、もう、人間起き上がりこぼしかってくらい、グラグラです。

 

隣をみると、オババの口元がギュって感じに引き締まっています。

そう、詐欺師だ! ヤツは詐欺師なんだ。

しかし、男は・・・

想像していたイメージと違いました。

浅黒い肌に身長は低め、優ちゃんが160センチくらいなので、それよりか、少し高いだろうか。ハイヒールの高さを考慮しても170センチはない。

体型は引き締まっています。

髪、茶髪じゃないです。なんか気持ちが狂います。普通の髪色で、今風にくしゃくしゃではありますが、それは、ただ単にそういう髪質という感じ。

 

今日は暑いですが、襟のついた長袖のシャツと普通のスラックスは、よそいき感まる出し。

アイロン必死でかけまくりましたって、すぐわかります。主婦、その辺りの眼力では他を凌駕します。

 

写真では滝藤健一に似ているかもと思いましたが、実物は全く違いました。

普通でした。どこにでもいそうな男で、特徴がない。強いていえば、普通より日焼けしているくらいでしょうか。

ドアガラスの向こう側で、ホテルスタッフが何か声をかけています。おそらく転びかけたので「大丈夫でしょうか」などと聞いているのでしょう。

長い時間でした。

待つ時間は長く感じるものです。

弁慶さながら仁王立ちのオババ、少しづつ背中が曲がってきます。

と、

自動ドアが開きました。

ふたりが歩いてきます。

 

浅黒い肌に白い歯がキラっと目立つさわやかな笑顔で、男は少し照れながら「はじめまして」と言いました。

 

to be continued

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ