アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【外国みたいな風景に憧れて】そこで女が勝負をかけた! プロポーズは成功か?

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

ゴールデンウィークは、癒しを求めて近場をウロチョロしています。

って、なんか10連休と聞いて、力が漲って、漲って、そのおかげで疲れきったアメリッシュです。

癒しが欲しい。癒しがぁ〜〜。

f:id:funyada:20190503125551j:plain

てな訳で、GW半ばに、ブルーベルヒル勝浦という場所に来ております。ここは千葉県の房総半島先端にある宿泊施設で、日本ながら南仏プロバンスにいるみたいです。(すみません、盛大にもりました。気分です、気持ちが大事です)

大好きなラベンダーもいっぱい咲いております。

こんな芝生でのんびりしたいと夢みるでしょ。忙しい日々です。で、私、芝生の狭間に寝っころがり、目を閉じて、両手を胸の前で組みました。

自前ヨガのポーズ、静寂の印。

空気と化した私。平和です。

f:id:funyada:20190503103525j:plain

写真ではわかりづらいのですが凹凸がかなりある芝生の丘

そ、その時、不穏な足音が・・・! 一人ではない二人。

サクサクサクサク・・・。

声も聞こえます。

いちオクターブ高い女性の声です。

「だってぇ、ヒロくん(仮名)、わかるでしょ?」

このカップルなら、うん、わかる。今朝方、レストランで隣にいました。顔立ちは、ものすごく盛って指原莉乃さん? 微妙な線ではあります。おそらく2から3歳くらい女性が年上で、いい女オーラを自ら出している。(自らがミソ、他人が思ってやっといい女なんじゃ。かん違いすな)

男性はメガネ! それ以外の印象がない。

「すわらない」と女が言った。「いいよ」と男が答えた。

f:id:funyada:20190503103531j:plain
二人は歩き去ると思いきや、アメリッシュの頭上で座りこんでしまった。

え? 私に気づいてない。こういうとき、どうしたらいい?

それに、緊迫した空気が漂っている。

女が勝負をかけるとき、それは空気でわかります。たいていの場合、本人は自覚しないが、ピンと張り詰め咳払い一つもできないオーラを発するんです。ただ、往々に男性にはわからない。それは同性しか察しえない空気であります。

f:id:funyada:20190503103535j:plain
「私って、できる女でしょ」

自分から言ったぁー!

「結婚って、まだ先だと思っていたの」

アメリッシュ、ここで納得したんであります。そうか、このメガネ君と結婚したいんだ。だから戦闘態勢。そうだな、そろそろ焦ってもいい年齢ではあるな。

「へえ、そうなんだ」

メガネ君、まったく気づいてない。KYか! あくび混じりに「ここ、いいところだね」と優しい声で、関係のない話題をふっている。

「ヒロ君は結婚のこと、どう思う」

おお、直球勝負か。女も30歳を過ぎると、いや、20代後半かも。いずれにしろモタモタしている場合じゃない。

どうする、ヒロ君。どう答える。二人(私と指原60パーセント似)は固唾を飲んで答えを待った。

「あすこな」と、奴は言った。

「海が見える、いいなぁ」

f:id:funyada:20190503103528j:plain
聞いてないのか? それとも、聞こえないふりをする高等戦術か、私たちは答えに迷った。顔を見ればわかる。なにせ、アメリッシュ、ダテに年を取っていない。メガネ君の表情をみれば、押すところか引くところかわかる。

「ねえ、私の話、聞いてる!」

苛立った声だ。

だめだ、女よ。それはアカン!

ここはぐっと堪えて、穏やかに進めるところだ。喧嘩腰になってどうする。結婚がゴールで、今がその手前のところまで来ているなら、いま、この瞬間に半分ほどゴールが遠のいたぞ。

しかし、その後のメガネ君の返答に、さすがの私も仰天した。

「なんの話?」と穏やかに聞いたのだ。

メガネぇ〜〜〜!

耳が不自由なのか。究極のKYか!

その答え、キングダム王騎の槍ほどの破壊力だぞ。

結婚だ、結婚してよと聞いているのだ。いや強制しているのだ。それを「なんの話?」で穏やかに切り返す?

完全に殺した。

張り詰めた空気がシューとしぼんでいくのがわかる。

f:id:funyada:20190503103522j:plain

そこには一本道が、もう引き返せない道が続いている

「なんでもないわ」と女が言った。「海、見に行って、帰ろう」

『最後にお前の声が聞けてよかったぁby キングダム』(アメリッシュ、心の声)

「いいね」

そこは聞こえるんかい。

このカップルが、どうなったか知りません。おそらく想像通りの展開になるでしょう。

女よ、人生経験が少しだけ豊富な私が断定する。その男はやめて、他を当たれ!

年齢とともに時間は早くなる。人生は短い。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ