アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

2100万部のベストセラー、世界で大ヒットした映画と小説『ラブストーリーある愛の詩』

お題「#おうち時間」は映画でひととき

 

f:id:funyada:20200511134145j:plain

Love Story 『ある愛の詩

映画と小説『ラブストーリー ある愛の詩

 

1970年に、当時の世界の若者たちを虜にした映画があって、日本でも大ヒットしました。

『ラブストーリー ある愛の詩』という映画です。

 

小説もいい。

物語の冒頭からしびれます。グッと心を掴まれます。

 

「どう言ったらいいのだろう。

25歳の若さで死んでしまった人のことを。

彼女が愛していたもの、それはモーツァルトとバッハ、そしてビートルズ

それに僕」

 

 

「どう言ったらいいのだろう」

という1行目で、なに?と見事に人をひっかからせ、

次に、「25歳の若さで・・・」と続く一文で転換させ、

しかし更に、この次の一節が書いた作者のセンスを引き立たせています。

 

モーツァルトにバッハ」、クラッシックが好きなお堅い音楽関係の女かと思わせといての、当時は、まだ古典じゃない現役の「ビートルズ」を入れ込んでます。

最後に、「僕」って、なにこの巧みな修辞法。

 

いったいどんな女だ?って、もうね、いわゆる言うところのキャラが立っちまくっています。

 

だから、この冒頭シーンで映画も小説も、まっすぐに引き込まれると思います。

 

物語自体は昔からある王道のストーリーで、なんのヒネリもない。

ハーバード大学のエリート学生でアイスホッケーのスター選手、その上、由緒ある家生まれであるオリバーと移民の貧しい音楽科の学生ジェニー。このふたりの恋物語です。

 

恋に落ちる。

結婚する。

病気で別れ。

 

オリバーの父親は家柄が違うと、この結婚に大反対と、ここにも予定調和的な内容がてんこ盛り。その反対を押し切って結婚するふたり。しかし、幸せもつかの間、妻となったジェニーは白血病になります。短い恋の物語は終わりを告げるしかなかったのです。

 

こう書くと、ほんと軽い。

あまりに典型的で、こっちが恥ずかしくなるほどの王道ストーリーです。

いわば定番の王子様と貧しい家の娘という古くからあるネタを、現代的に翻訳したストーリーです。

シェイクスピアの昔から、こうした「ロミオとジュリエット」的な悲恋物語は、なんども作品になってきました。

 

だが、このありふれた物語が陳腐ではない。せつなく観る人の心を打つ。

小説は2100万部も世界で売れました。

映画は世界中で大ヒットしました。

 

その理由はなんでしょうか?

 

しばらく、黙考してしまった。

座禅でも組んで滝のまえで考えたいなんて思ってしまった。

 

そして、わかりました。

綺羅星のようにきらめく『言葉』の数々が、その理由なんです。

冒頭の文章にもあるように、心をうつウィットに飛んだセリフや文が多いのです。

 

例えば、ラドクリフ大学の図書館でふたりが会うシーン。

 

ジェニー「あなたはバカな金持ちでしょ」

オリバー「実はね、僕は貧しいけど賢い男なんだ」

ジェニー「私も貧しくて賢いのよ」

オリバー「どこが君は賢いんだ」

ジェニー「あなたとお茶を飲まないから」

オリバー「君をお茶になんか誘わないけどね」

ジェニー「だから、あなたはバカなのよ」

 

いかがでしょうか?

この会話の流れ。

うますぎます。独身時代にこんな言葉を嫌味もなく吐いて、男の子を翻弄できたら、なんて思ってしまう。

ね?

そう思わない?

婚活女子よ!

 

この映画で最も有名な言葉は「愛とは、けっして後悔しないこと」ですが、それよりも散りばめられた言葉、言葉、言葉がすべて宝石のようなんです。

 

フランシス・レイ作曲の映画音楽も心にしみます。

 


Love Story - Francis Lai (ある愛の詩)

 

映画『ラブストーリー ある愛の詩

監督:アーサー・ヒラー

原作・脚本:エリック・シーガル

主演:ライアン・オニール

   アリー・マッグロー(のちのスティーブ・マックイーンの妻)

 

原作はエリック・シーガル。彼もハーバード大学出身で33歳の若さでイェール大学の教授になったエリートでした。映画は原作と同時進行でつくられ、当時、ベトナム戦争で疲弊したアメリカの若者たちの間で、哀愁あふれる映画音楽とともに大ヒットしました。

 

日本でも角川が版権を取得、大ヒットした作品であり、小説もでています。

映画はアマゾンprimeビデオでレンタルできます。

 

ちなみに、続編『続・ある愛の物語』はお勧めできないです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ