アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

ミステリーの新作連載をはじめました。

f:id:funyada:20200626235832p:plain

 

みなさま、お寒うございます。

 

いま、カクヨム WEBコンテストに作品を連載中のアメです。

お元気でらっしゃいますか?

昨日から多くの地域で雪が、ふりましたね。

 

さて、カクヨムwebコントストとは、角川が主催する小説コンテストで、毎年12月はじめから1月末まで、応募期間があり、その間の読者数で、中間審査が通るという、なんというか過酷なコンテストです。

 

12月1日に異世界ファンタジーの長編を公開して、今回は下記、ミステリー作品の長編を新たに公開いたしました。

 

kakuyomu.jp

作品のあらすじ :

 

 聖カタリナータ初等部の敷地内にはカトリック修道院が併設されている。冬の嵐ののちに聖堂裏で他殺体が発見された。

 

 被害者は同校を卒業して大学准教授と結婚した一児の母。代々病院を営む資産家の娘でもある彼女は、平凡だがセレブな日々を送っていたはずである。なぜ彼女は殺害されたのか?

 

 学校に併設された聖堂の修道長マザー天神ノ宮和子。
 旧伯爵家に生まれ、怖いもの知らずのシスター。絶大な影響力とコネを持つカリスマ修道女のキメ台詞は「お祈りしましょうね」。

 

 一方、警察のはみ出し者。モトイ!、心を持たないコンピュータと恐れられる阿久道警視正はキャリア官僚。悪魔のように周囲を支配する彼が、この事件に興味を持ってしまった。

 

 ふたりのカリスマに、この事件の解決はできるのだろうか?

 

主要登場人物:


マザー天神ノ宮和子・・・御年80歳の修道院長。老齢にもかかわらず非常に元気。賢く、多くの人の尊敬を集めるカリスマシスター。通常はマザーと呼ばれている。決めセリフは「お祈りしましょう」。

 

阿久道誉・・・警視庁キャリア官僚の悪魔的なアラフォー男。彼の下についた助手は3ヶ月ともたない。故に、阿久道は助手の名前を覚えない。彼のアシスタントは男なら『タロー』、女なら『ハナコ』になるという、非常に失礼なパワハラ男。

 

さて、本格ミステリーをライトノベル界に。またまた、難しい試みですが、やってみます。異世界ファンタジーとどっちがいいのか、さあ、勝負でございます。

 

読んでいただければ、本当に、とっても、舞い上がるほど嬉しいです。

 

異世界ファンタジーへの連載

 

ファム・ファタール–無惨の女–』〜ドラゴンの巫女にして、運命の相手がエルフの血を引く男だった、普通の少女の奇跡〜
 

kakuyomu.jp

[ 数字でみるカクコンデータ ]

第6回カクヨムWEB小説コンテスト長編部門
12月16日23時データ

 

総応募数 5,135作品

 

【12月16日のデータ】
 異世界ファンタジー部門 1,893作品
 現代ファンタジー部門     765作品
 恋愛部門         525作品
 ラブコメ部門       673作品
 キャラクター文芸部門   708作品
 どんでん返し部門     521作品
 --------------------------------------------------
 合計 5,135

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ