アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

深い絶望に触れたとき人は心を失う。信長、お市、長政に勝者などいなかった【27】戦国RPゲーム:物語を選んで!

f:id:funyada:20200326113323p:plain

お市の方さま、織田信長の妹


1573年。小谷城浅井長政と別れ、幼い3人の娘とともに落ち延びてきたお市の方。私たちは彼女を救助するために、小谷城の裏手で逃げ延びてくるはずの場所にいた。そこで、あろうことか私は転んで、とっさに掴んだのが、お市さまの着物。で、お市さまの下半身を露呈(ろてい)させるという非常事態を引き起こしたわけで、戦国時代でもめったに見られないアクシデントを自ら作っていた。

 

目 次

 

愛する夫と別れ、落ち延びたお市の方さま

 

鼻筋のすっと通った戦国一の美人がね、下半身を・・・、ていうか。

あの、お市さま?

なにをボウーっとしてるって、私、自分の立場をすっかりおいて思った。

 

あなた、着物の裾がはだけてるから、思いっきり白い太ももまで見えてるから。いや、やっちまったのは私だけど。

でも、恥じらいってあるでしょ、普通、女性って。

スカートめくられたら、21世紀では幼稚園生だって、秒で「きゃー」とか叫び、その場にしゃがんで恥ずかしがる。

 

でもね、お市の方さま。

織田信長の13歳年下の最愛の妹で、この時、26歳。

もう、女を捨ててる?

捨てたの?

戦国時代の女性の恥じらいって、21世紀とはちがうのか、いやいや。

私、近所のお節介おばさん化して、自分のことを棚にあげ、

「ほら、早く着物の前、なんとかしなさい」って言おうとした。

 

だって、現代ならスーパーモデルって、そんなスラっとした超美人が、なんの反応もしないの。そして、お付きの従者に突き飛ばされた私をすごく冷たい目で眺めている。まるで、そこに石が転がっているみたいな目で。

もう、なんの表情もない。

ただ、恐ろしく冷めた目で、下半身を露出したまま立っている。その異様な姿に、誰もが一瞬だけ凍りついた。

 

古川久兵衛は刀の柄に手をあて、殺気を露(あら)わにしている。

だけど、そこからの一歩が出ない。

それほど、彼女の内からでている妖気は奇妙で恐ろしかった。

 

ぽつり、ぽつりと雨が降ってきた。

 

「弥助!」と、私は呼んだ。

 

弥助は元陸軍歩兵部隊。226事件の前日に戦国時代に意識が飛んだ男で、修羅場になれているはずで、だから、私の声にはっとして飛び出してきた。

弥助はお市の方がどれほど未来に重要な人物なのか知っている。

天皇家につながる血筋といえば、彼のような教育を受けた男にとっては神である。自らの命を削ってでも守らなければならない存在だった。

 

同時に、

私の声に反応した古川久兵衛は鞘から刀を抜くと、すっと前に出た。

ヨシがその後に続く。顔の中心にシワを寄せ、怒っているような、泣いているような表情を浮かべ、久兵衛と息をあわせていた。

 

雨が少し強くなった。

 

そして、すべてが同時におきた。

 

弥助は事態を知ると、久兵衛のためらいに体を入れる隙をみつけた。

ヨシが弥助に小刀を向け、久兵衛は呆然とお市の方をみている。

オババがなにか叫び、ヨシが小さな弥助に体当たりしたんだ。

私は起き上がろうとして、滑って泥に顔を埋め、それから目の端で弥助の体から、赤い液体が吹き出すのを、なにもできずに見守るしかなかった。

弥助・・・

彼は表情も変えずに、その場で久兵衛を抑えている。

 

お市さま!」

 

背後から大声がした。

その声の主は数人の兵を従え、戦闘を抜けてきたのだろう、甲冑に血しぶきが泳いでいる。

小柄な体躯を弾ませるように走ってきた男は、羽柴秀吉だった。

このタイミングで現れるということは、内部のものと連絡が取りお市の方を迎えにきたのだろう。

「お待たせ申した」と、秀吉が膝をついた。

彼はお市の姿に気づくと、とっさに着物の前を直そうとして手を差し出した。

その手が雨に濡れた白い太ももにふれた瞬間、お市が彼の指を払った。

 

「この、下郎」

低く、細く、絶望の淵を覗いた女の声を、私ははじめて聞いた。

 

すべてが止まった。

 

弥助の血も、久兵衛の剣も、そして、秀吉も。

 

お市の方は、すべてを見ていながら何も見ていなかった。

そして、すっと背後の城を振り返ると、1度だけ瞬きした。

そして、雨の中を信長軍の方向に向かって歩き始めた。お付きのもの達が子供たちの手を引き、その後を追う。

 

血が滲んだ甲冑に身を包んだ小男は、その背に目を細め、私たちには見向きもせず後を追った。

 

雨の音が激しくなった。

 

「弥助!」

 

私は慌てた。弥助は半腰のまま、ヨシの小刀を脇腹に受け、久兵衛の刀を握っている。

 

久兵衛! 弥助!」

 

久兵衛! 離せ、弥助が死ぬ」と、オババが冷静な声で諭した。

久兵衛我に返ったように頭を振った。その顔からは憑き物がおちていた。数秒で、いつもの飄々とした男に戻った。

「ダメだ。ヨシ、手を離せ。あっ、いかん、小刀は抜くな」

その言葉にヨシは熱湯にふれたかのように、両手を上にあげて小刀を離した。支えを失った弥助がその場に倒れ、久兵衛が支えた。

 

雨が降っていた・・・・・

 

f:id:funyada:20200326114246j:plain

RPGゲーム

戦国時代RPG(ロールプレイイングゲーム)

 

この物語のつづきを、どうしていいのか、非常に迷っているんです。もう自分で決められない。

そうだ、じゃあって。

じゃあ、誰かに決めてもらおうって思った。

でね、パッと閃いたんだ。皆さまに選んでいただければいいって。

 

どちらのストーリーにするが良いのか、下記リンクを押すことで選んでくださいませ。

究極の選択で、自分では決められないっす!

アクセス数の多いほうの結果で、次の物語を書きます。

選択のお時間は、明日の午後8時までの結果にしています。

質問は2つです。

あなたなら、どちらのストーリーがいいですか?

アメリッシュ のサブブログに下記をリンクしています。

 

ブックマークやコメント等は、こちらのブログ記事につけていただけますと、とても嬉しいです。

 

では、クエッション。あなたならどちらを選ぶ?

【1】久兵衛を選んで彼の秘密にすっきりして弥助の死を悼む物語

戦国RPG 久兵衛を選んですっきりして弥助を悼む物語 - アメリッシュのサブブログ

【2】弥助の生を選んで、久兵衛の秘密を闇に葬る物語

戦国RPG 弥助を生かして秘密にもやもやする物語 - アメリッシュのサブブロ

 

⭐︎  ⭐︎  ⭐︎

 

ドラマ『麒麟がくる』登場人物

お市の方プロフィール

1547年生まれ(生年には異説がある)。身長165センチ。

戦国一の美女と言われる。小谷城の戦いの頃は26歳、浅井長政との間に3人の娘が生まれた。

天下人で現代でも当時でも大人気だった織田信長の13歳下の妹であり、彼女の行くところ、常に波乱が起きた。

 

その最初が、浅井長政との別れであった。兄信長に攻められ、城は落ち長政は自害する。

後に柴田勝家と再婚。しかし、再び落城の憂き目にあう。その時は3人の娘を秀吉に渡して、自らは夫とともに自害した。浅井長政との別れでひどく傷ついたのであろう。2度は嫌だと思ったに違いない。そして、長政を陥れた秀吉が嫌いであったと想像している。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ