アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

軽井沢、2月8日からの全農日本カーリング選手権大会を観戦。そして、軽井沢プリンスショッピングモールはセール全開!

軽井沢である。

なぜ、いま、長野県軽井沢かというと全農日本カーリング大会の試合があるからで、ミーハーな私は、羽生結弦さまの追っかけになる根性はなく、地味にカーリングファンなんです。


カーリングは氷上のチェスと言われ、ついつい、その戦略的攻撃に夢中になっていまして、そして、モグモグタイムを見て癒されて・・・

 

f:id:funyada:20200211161618j:plain

カーリング もぐもぐタイム

 

軽井沢ショッピングモール


という訳で、紆余曲折のすえ、私は軽井沢ショッピングモールにおる、、、
へ? って思った?

アメリッシュなんで。

カーリングからのショッピングなんである。


もう1回書いとくけど、という訳で、もう仕方なく、ここにいるんだ。

いま、私、物欲全開中なっている。

この5年、いや、この3年かな・・・

徐々に、クローゼットの服が着れなくなり、今ではほとんど着れない。驚くというより恐怖にかられた。

必死でダイエットに励んだ。


その結果、なんと、はじめたときと体重が全く変わらない。

良かった。

少なくとも、1年前より太らなかった。

これは、まずまずの成果と言えようか。

 

つまり、クローゼット問題は解消されてない大問題が発生しているわけで。

そこで思ったんである。

身体を服に隷属(れいぞく)させるのではない。


服を身体に合わせればよい!

 

うふふ、ショッピングだよ、皆様。

軽井沢にはプリンスショッピングモールという天国があるんである。

そして、なんと大セール中。

 

で、物欲全開中で!

女は買い物でストレスを発散する。

 

もう一度書こう、軽井沢ショッピングモールはセール中。

セール中!

カーリングもいいが、それよりも、ここに今の私が最も必要なものがある!

いさんでショッピングモールを徘徊した私。

その姿、まさしく徘徊〇〇だった!


なにか存在しないものをさがして血迷っていた。

迷子になっていた。

 

そして、驚くべきことを気づいたのだ。なんとショッピングモール、私のクローゼット化している。

 

そ、そんなバカな。


大いなる物欲でもって、なんならマイケル・ジャクソンかって、そんな勢いで走り込んだのだ。

店のハンガーにかかった服、右から左までつうて、全部つうて、爆笑しながら買い占めたかった。

しかし、サイズが合わない。

あまりのことに絶叫した私!

もはや、この体型をカバーして、そこそこ何とかしてくれる服は、この世界には存在しないのか。

絶望しかけた。

世界を呪った。

しかし、しかしである。

全国に住む、わがブロ友たちよ。

神は私を見捨てなかったのだ。

 

あったのだよ、諸君。

そんな都合のよいスカートが。

ふふふ、これがそのスカートだ!

f:id:funyada:20200211163217j:plain

軽井沢ショッピングモールで見つけた一品!

どうだ!

このぽっこりお腹もなにもかも、全く存在しなかった風にしか見えない。その上、ウエスト全ゴムなのに、おばさんゴムを見せない。

この秀逸なるデザイン!

 

素晴らしいぞ、軽井沢ショッピングモール!

カーリングの1日を犠牲にしてまで、5時間、歩き回った末のこの成果。

何事もなせばなる。

石の上にも三年。

一念天に通ず。

ともかく、がんばった。がんばって努力した。

 

努力の方向性がなにか間違っているけど、

でも、いいかい、皆の者。

3年以上、ダイエットしようと努力し続けた結果、1キロも痩せなかった私。

どころか毎年のように増やしつづけた私。

努力の方向性を見直すしかなかった。

その苦労をわかってくれたまえ。

 

そして、もし、この秀逸なるスカートでさえ、ぽっこりを隠し通せなくなったとき、私は新たなるダイエット。あるいは、10時間のショッピンモール徘徊の二者択一を選ぶ日が、いつかくるであろう・・・

 

すみません、世の中、いろいろ大変な事ばかりなのに、私だけ、こんなアホで・・・。

ほんと反省しています。

 

第37回 全農日本カーリング選手権

 

2月8日から16日まで、長野県軽井沢アイスパークで開催している

『第37回 全農日本カーリング選手権』

 

女子の部、観戦してきました。

ただ、困ったことはアイスパークから軽井沢駅までの帰りのバス、時間、はや!

終バス、午後7時くらいで早すぎだから、だから夜の部は見れなかったのです。夜の部、終わるの午後9時だから。

 

席、けっこう一杯だったけど、でも同時に4試合が見れるので、やはり生はいい。ライブ感がいい。

 

氷上の上をザアアア〜〜という音を立てて滑るストーン(石)。

それに向かって、まるで石が生きてるかのように、必死に叫ぶリード!

「ヤップ、ヤップ、ヤーーー」

その声に従うホウキではない選手たち。

シュワッチ、シュワッチ、シュッ!

それ、はきすぎじゃない?

って、最後の声がヤ〜〜って虚しく響いたりして。

 

リンク場に声が響くんです。

 

そういえば、

「そだね〜〜〜」は、聞こえなかったけど・・・

あまりに有名な言葉になって、言うのやめたそうです。とても残念でした。生そだね〜〜、聞きたかった。 

 

カーリング女子チームの成績

女子は全9チームで戦っていました。

チーム軽井沢/中部電力/青森CA/北海道銀行/富士急/チーム広島/ロコソラーレ(LS北見)/札幌協会/チーム東京

 

2月11日現在の結果

1位 ロコソラーレ(LS北見)

オリンピックで、もぐもぐタイムとか、そだね〜〜とか。とても可愛かった例のメンバーです。

2位 北海道銀行中部電力が同順。

4位 富士急

5位 チーム東京

6位 チーム軽井沢、青森CAが同順。

8位 札幌協会

9位 チーム広島

 

ロコソラーレ(LS北見)、強かった。藤沢五月さん、可愛かった。吉田夕梨花さん、頼りになる。

私が見た試合では圧倒的に強かった。

 

でも、やはり、カーリングの試合は接戦にあります。

他の試合で接戦が見応えある試合がありました。

取りたくない点数を相手側に取らされたときの、その後の戦略。

これがカーリング醍醐味です。

わざと一点取らせて、次のゲームで後攻になる。その作戦、知能ゲーム、もうね、大好きです。

 

というわけで、スカートもゲット、カーリングの試合をライブで見れ大変満足した軽井沢の旅でした。

 

それに、旅行中、夜は雪がふっていましたが、日中は、寒いけどいい天気だったもので、日頃のブログ魂がここに宿っていました。意味不明だけど。

 

f:id:funyada:20200211174119j:plain

白糸の滝

おまけ

白糸の滝です。

子どものころ、両親に連れられて行った場所で、幼い私は到着まで、「ナイアガラの滝」を想像していた。6歳だった。

 

ナ、ナイアガラではない・・・

 

そう思った記憶だけが残っている「白糸の滝」。

そして、3日前、ウン10年をすぎて、再びの滝。

そこには、

幼い私が見たものと同じ滝があった・・・

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ