アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴ってちいさなディズニーランドを目指してる・・・、な〜〜んてな

【異世界転生:明智光秀と織田信長 新章】老女戦記、最前線にてオババは嗤うー 映画『幼女戦記』より

登場人物:オババとは私の姑。ディズニー狂で元気一杯の76歳。【結婚と毒親】シリーズでは、多くのオババファンができました。そして、今回は戦国時代に意識だけが飛び、他人の身体で生きるオババ&アメリッシュのお話です。

f:id:funyada:20191114162047j:plain

掘っ建て小屋 戦後時代 織田信長

1573年8月(元亀3年9月)

 

近江、小谷城(おだにじょう)にて

馬上からオババの檄が飛んだ。

 

「古来より近江を制するものは天下を制す!

皆の者! 臆するな、敵は朝倉義景ただ一人! 首をとるぞ!」

「おう!!」

 

オババ軍団、7名の女だけで構成された飛び道具隊は、どの顔も泥で汚れ、日に焼けていた。

そして、その一人、私は手に持つ火縄銃を持て余しながら、なぜか走っている。やけくそで泥と汗と血の戦場を走っていた。

 

「おっし! ここじゃ、ここを陣地として、死守するぞ」

「おう!」

 

なんで、オババ、そんなに意気揚々と気勢をあげてるって。

そんな場合じゃないでしょって、私、もう、この事態がね、全く信じられない。

そして、なぜ、オババとアメリッシュが火縄銃持って走っているかって?

え? なんかの戦国武将イベントかって?

 

あなたさ、平和な日本に生きてるよね。それ幸せだから。あなたが考えている以上に幸せなことだよ・・・

 

さて、話は3ヶ月ほど前まで遡る。

ひなびた小屋から悪夢のはじまり、それはそれは、ありえない状況だったんだ。

 

あの日、徐々に意識が戻ったけど、今から考えれば戻りたくなかった。

 

体が重くてだるい。低血圧の私は朝が苦手で、だから、ぼぅ〜と・・

いや、違う、なんか違う。なにこの体調?

 

むっちゃ爽快な目覚め!

 

これまで生きてきて、こんな気持ちの良い目覚めは経験したことがなく、その上に体が軽い。

 

なにかがおかしいってすぐ思った。奇妙だ。これは、いっそ、なにかの病気か? 爽快病か?

目覚めるまえに、すでに違和感ありまくりでした。

 

目を開けたくないって思った。こんな慣れない爽快な目覚めで。

低血圧は低血圧らしく、朝は辛いのって言い訳して、怠けなきゃいけないんだ。その使命感にも似た思いで偏頭痛を呼んでみたが返事がない。

なんとも気持ちのいい感じなのだ。

 

それで片目を開けてみた。天井に古びた木の梁があり、寝返ると何かに当たった。

 

あ、ありえん!

ぜったいに、ありえん!!

 

なに、この、ひなび過ぎた、てか、ひなびたを通りこした壊れかけの場所は、ぜったいに廃屋だ。その上に、床は硬い木材の板で、それもかなり痛んでいる。板でイタってダジャレ考えてる場合じゃない。

 

「目覚めたか!」

 

声がして、飛び起きた。

おっと、勢い余りつんのめりそう。私の体、動きが良すぎるって。

ポンコツ軽自動車が急にフェラーリになったみたい。

 

で、他人の気配に振り向くと、白髪交じりの女が土間に立っており、こちらを険しい目でにらんでいる。ひどく汚れた古い着物。

とっさに誘拐されたって思ったね。

この女が誘拐したんだって。

 

その時、土間の左側からパチパチと音がして、薪が燃える香ばしい匂いに気づいた。カマド? あれ、カマドじゃない?

 

 

f:id:funyada:20191114233923j:plain

カマド

 

「わ、わたしを、私を誘拐したって、得にはならないから!」

 

老婆はいきなり吹き出した。

 

「誘拐! こっちが言いたいわ。名前」

「な、名前って、個人情報つかんで、オレオレ詐欺ですか」

「まちがいないな。その素っ頓狂な受け答え、ものすごく馴染みがある。アメリッシュか」

「そ、そうだから」

あっ、し、失敗した、自分の名前を明かしちまった。

「なぜ、知ってる、誘拐犯」

「わたしは誘拐犯ではない。そして、私はあんたの姑だ」

「へ?」

「オババじゃ」

 

ないないないないない

 

今、話しているのがオババ?

ぜったい違う。確信を持って言える。この目の前のおばさんはオババじゃない。超ディズニーオタクの方向性を間違ってる姑とは外見が違う。

 

オババはもっと年上で。

確かに目前の女は白髪交じりだし、顔は日に焼け真っ黒でシワが多く老女に見えなくもない。

 

しかし、お判りになるだろうか?

76歳の女と、50才前で老けて見える女の差というもの。それが今、眼前にいる、オババと名乗る女なんで。

もっと年齢を下げるとわかりやすいかも。例えば、20代で老けて見える女性と、50代で若く見える女性とは、それは似て非なるものなのだと思う。

 

どうしようもなく、年齢は体全体や顔に現れ、どんなに若く見えようとも、それは隠し難いものなんだよ、女性諸君。怒らんでくれな。

自戒を込めて書いてるんだから、若見えしても、どっかに年齢が現れてるんだ。若く見えると、実際に若いは違うって。ことによっちゃ地球規模の距離が、その間には存在してる。

 

だから、はっきり言える。

目前の老女に見える女はオババじゃないし、さらに言えば顔が違う。身長も低いし、体つきは若い頃から労働に明け暮れたように筋肉質で、

オババはママさんバレーをして、スポーツ大好きだから、なにかと元気だったけど、これほど鍛え抜かれた体型はしていない。

 

「あなたがオババさまのはずがありません!」

「自分でもそうありたいよ」

「そのお姿、まるで違うし」

「自分の顔を見たのか」

「私の」

「ほら、そこの水亀をのぞいてみればわかる。腰をぬかさんようにな」

 

土間に置かれた黒光りする大きなツボがあった。

で、私ね、どうしようか迷って、それから、おずおずとツボをのぞいてみたんだ。

 

いやいやいや・・・

 

で、もう一度、のぞいてみた。

 

いやいやいや・・・

 

「あなた、アメリッシュか」

「そ、そうですが、あの、こ、この、この顔」

「そういうことだ」

「その顔がアメなら、私はオババ」

 

いやいやいや・・・

 

「アメよ。現実を受け入れよ。陸といえば!」

「ディズニーランド! では、海と言えば!」

「ディズニシー!」

「お、お、オババ? もし、あなたがオババさまとして、わかったことがあります」

「なんじゃ」

「夢です」

「は?」

「今、私はとてつもない夢を見ているようです」

「ほほう」

 

なぜって、ツボの水面にぼやけて映る顔、私じゃないんです。

真っ黒に日焼けした平ぺったい大きな顔。でも、若い。

20代くらいか。

 

え? 今さら20代に戻った?

それ嬉しいかもって、喜んでる場合じゃないし、どうせ夢なら絶世の美女がよかったし。でも、まあ、かわいい部類の顔かも・・・、なんてなこと、おっとりと考えてる場合じゃない。

 

「ぎゃ! なにするんですか」

 

オババを名乗る女に、いきなり頬をつねられました。

 

「痛いだろう」

「痛いです」

「夢じゃない」

「痛みのある夢とか」

 

オババが唇の端をあげて微笑んだ。この笑みはオババの癖。ハリソンフォード好きから、彼に似せてオババがよくする笑いかただ。

 

「これが夢だとしよう、それで、どうする」

「夢で、だから、覚めりゃいいんです」

「どうやって」

 

どうやって?

あまりに現実的に感じるこの状況。夢のようなあやふやさがない。

たとえば、夢だったら、空を飛んでいたが、次の瞬間、地上にいたりするのだけど・・・

 

とりあえず、その場でジャンプしてみた。

 

足でドンドンと土間を叩くと、リアルに音がして、その音とともに、土間の冷たさが足裏に伝わってくるだけ。

 

「何がしたいか理解できないのだが」

「ジャンプして見たんです」

「なぜ」

「夢だったら、地中に潜るとか・・・」

 オババが首を振った。

「じゃあ、ここはどこでしょうか・・・、えっと夢としてですが」

「ここは、どこ。というより、ここは何年かだ」

「何年?」

「先ほど、まだ、アメが眠っている間に外の様子を見てきた。遠くに、かなり大きな湖が見えた」

「湖、日本で湖といえば、箱根の芦ノ湖とか、富士の河口湖とか、大きいといえば琵琶湖」

「湖の向こう側にある山の地形から琵琶湖のように思えるが」

 

琵琶湖・・・って。滋賀県ってこと?

それにしても暗い。目覚めたときも薄暗かったが、外から太陽光が少し射していた。いつのまにか太陽が沈んだのだろう。

土間のカマドの火しか明かりがない。

 

「明かりのスイッチはどこかにあるんでしょうか」

「探したがないのです」

「ない。どんだけ、田舎ですか、ここ」

「でな、先ほど外を見たが、電信柱が1本もなかった。ないどころか、車が走る道路もない。ここが琵琶湖の近くだとして、今、外に出てみれば街灯の明かりか、家の照明の光が見えるはずだ」

「そ、そうですね。とりあえず、明かりを探して、助けを」

「そうだな」

 

一歩、外に出ると満月だった。

月の明かりで暗さに慣れた目は周囲がよく見える。

そういえば、メガネもコンタクトもないのに、はっきりと見えることに気づいた。

これ、視力が回復した?

コンタクトは0.8度に合わせていたが、今の視界は2.0以上のようだ。

とんでもなく、外の景色が鮮明なんだ。

 

さびれた掘っ立て小屋から出て少し歩くと、すぐに視界が開けた。立っている場所は高台に位置しているようで、そこから湖がみえる。

オババと名乗る老女が言うように月明かりが湖を照らし、キラキラと輝いている。

 

「きれいですね」

「そこ」

「いえ、でも、ほんとに美しい景色で。何もないし、建物もなにも。あ、ほら、あちらにお城のようなシルエットが見えますが」

「気づかないか」

「何をでしょうか」

「少なくとも、琵琶湖周辺の道路には街灯があるはず・・・、しかし」

「た、確かに」

 

月明かりで見える湖以外、周囲は漆黒。

なにもない。文明の明かりがない。

膝がガクガクして、その場にしゃがみこみそうな気分になった。

 

「夢です」

「わかった。で、夢として、今はいつなんだ」

「いつ・・・、ここは、どこ」

「私は誰って言ったら、殴る」

 

50代に見えるオババと20代に見える私は、どのくらい、その場で呆然としていただろうか。

肌寒くなって小屋に戻ることにした。

そのとき、はじめて自分の服装に気づいた。

 

古い汚れた着物を身につけただけで、足は裸足。それで土の地面を歩いているのだ。枯れ枝を踏んで痛いはずなのに、それほど感じない。

しゃがんで足の裏にふれると、鋼鉄かってほど硬い。

 

裸足の足が、こうした道に慣れているんだ。

 

小屋に戻って、木の扉を開けると、まだ、カマドの火は残っていた。

「ここはあったかい。さっき、気づきましたが、咲いている花が春のようです」

「季節は春だろう、そう、確かにそう思う」

「昨日は、2019年の11月14日でした」

「そうだ、秋だったが、今は春」

「ど、どういうことでしょうか」

「わかるはずがない」

 

と、その瞬間、いやな気配がした。

 

「オババ!」

「ああ」

 

声に呼応するかのように、暗闇から男が、ぬっとあらわれた・・・

髭面で髪がざんぱら、なに、この薄汚い男は。

 

男は下卑た顔で笑った。

「へへへ」と、口元を歪ませた。

 

欲望に眩んでいる目。

ああ、なんちゅうこと、これって、まさかの強姦魔か?

いや、ないでしょう。

 

てか、次の瞬間、男が襲いかかってきたんだ・・・

 

え? マジですか、いきなりレイプですか?

なにこれ、ダメ、ムリ。

奇妙な世界で、いきなりのレイプ?

 

ぎゃーー!!

 

・・・つづく 

 

参考資料:#『信長公記太田牛一著#『日本史』ルイス・フロイス著#『惟任退治記』大村由己著#『軍事の日本史』本郷和人著#『黄金の日本史』加藤廣著#『日本史のツボ』本郷和人著#『歴史の見かた』和歌森太郎著#『村上海賊の娘』和田竜著#『信長』坂口安吾著#『日本の歴史』杉山博著#『雑兵足軽たちの戦い』東郷隆著#『骨が語る日本史』鈴木尚著(馬場悠男解説)ほか多数

 

f:id:funyada:20191114163552p:plain

映画「幼女戦記

映画『幼女戦記

2019年公開

原作:カルロ・ゼン

 

「最前線にて幼女は嗤うー」

 

【簡単なあらすじ】

合理主義のエリートサラリーマンが戦乱の異次元世界に転生した。その姿は孤児で9歳の少女ターニャ・デグレチャフ

第1次と第2次の欧州戦乱のような世界で、彼女(彼)は、ラインの悪魔と呼ばれる魔道戦闘士として活躍します。

 

彼女の行動原理は、善悪や道徳を基準とせず、合理的な計算と数値です。人の感情ですらコストと考える合理性。新しいタイプのヒロインです。

 

劇場版『幼女戦記スペシャルイベント〜第203航空魔導大隊祝賀会〜が

11月30日18時から東京、山野ホールで開催されます。

 

悠木 碧(ターニャ・デグレチャフ 役)
三木眞一郎(レルゲン 役)
戸松 遥(メアリー 役)

チケット8000円。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ