アメリッシュガーデン改

姑オババと親戚の物語をブログで綴っております・・・ブログ界のちいさなディズニーランドを目指しています

【シン結婚と毒親】映画『ターミネーター:ニュー・フエイト』11月公開だけど、ちと無理スジのシュワちゃん。そして、優ちゃんの無理。

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。優ちゃんの母親、娘を過保護に育て離したくない毒親。太郎くんとの結婚に大反対中。

《優ちゃん》叔母のひとり娘、39歳。婚活アプリで知り合った太郎と熱愛、過保護母に結婚の邪魔をされ、太郎と駆け落ち。

《太郎》35歳。高校時代に親を亡くし、一人で農家を切り盛する勤労青年。

 

 

ヤッホホーーーィ!

 

帰ってきた、帰ってきましたぞ!

 

オババシリーズ、途中でおっぽり出しての8日間。

 

ただいまでございまする。

 

アーノルド・シュワルツネッガーが新作『ターミネーター』で帰ってくる、そんな勢いで帰ってまいりました。

 

ダダンダンダダン

 

で、

まずは映画のこと。

 

f:id:funyada:20190812132755j:plain

 

シリーズのはじまり1984年公開『ターミネーター

 

当初は低予算のB級作品扱いでしたね。

 

「こんな映画は観客受けしない」って、ハリウッドのお偉い方が言ったとか言わなかったとか。それって、スターウォーズ第1作でも聞いたような。

 

それがね、いつのまにか大人気になって久しく、シリーズ化して35年、

ターミネーター:ニュー・フェイト』として、11月8日公開予定だそうで。

 

まずは、めでたい!

 

で、シュワちゃんも帰ってくるんだけど、長いから、シリーズだから。

すっかり年齢的にね、おじいさん。72歳であって、

 

でもって、ターミネーターって機械じゃない。

年とるの、結構な確率で奇妙じゃない?

 

人が年齢を重ねて老化することが自然なら、35年過ぎても外見的には、そのままが機械の自然であって、ま、多少はサビついても仕方ないつうか。

設定的にね、メタルかなんかだから、サビくらいはね。

 

でも、シュワちゃん。シリーズ1と同じT―800なわけよ。

未来から来た機械なわけで、老化しないはずなのが、

 

予告編では、すっかり白髪で、お顔シワシワ、お腹廻りがタプタプで。

その辺のとこ、どうするって? どう整合性つけるかって、

ま、疑問なわけであります。

 

シリーズものを同じ俳優がする、それも機械だから、いろいろと難しい問題はわかる。

 

大人の対応で見て見ぬフリってほど、アメリッシュ、できた人間じゃない。

 

シュワちゃん、でも、そういったこと全てを振り払って、機械での出演決定してしまった。老人になったT-800に理由をつけたらしい。

人間界に隠れるためちゅう安易な答えだったら、私、暴れっから。

 

うん・・・、今は何も言うまい。

ハリウッド映画の手腕に期待したい! (過去に、やらかしてくれたこと考えると、不安、多少はあるけど)

 

さて、ターミネーター1984年版。

未来の救世主を産む女性を守るために、時間旅行してきたカイル。

 

はじめて見たとき、このカイルにやられました。

シュワちゃんは敵ターミネーターで、人間カイル、良かった。

 

やつは健気だった、心が持ってかれちまった。 

平凡でどこにでもいそうな女性サラを徹底的に愛し抜いて死んだ。

 

最初はレストランのウェイトレスで、キャーキャー言うだけの彼女に殺意が湧いたが、カイル亡き後、一人で戦うまでに成長。

この後半部分は第1作、最高の見せ場でした。

 

誰にでも白馬の王子さまが現れるって、DNAレベルで普通の女性がもつ願望を隠し味として入れ込んだ。

 

低予算だったから、サラ役のリンダ・ハミルトンもほぼ新人で決して人目を奪う美女ではなかったが、そこが脚本の勝利!

 

ところで、サラ、最新作では、むっちゃカッコいいおばさん戦士です。

年齢重ねて、若いときより、いい女!

 

なんか、これ聞いた話です。

スターウォーズレイア姫キャリー・フィッシャーを彷彿させてる。

 

ところで、こうしたシリーズ化、以前より多くない?

シリーズでしか観客呼べないって、ハリウッドの劣化?

 

ふと思いつくだけでも2匹目のドジョウも3匹目のドジョウも捕まえるってないきおいで、帰ってくる映画ばかりで。

 

スタ―ウォーズシリーズも

エイリアンシリーズも

ミッションインポッシブルシリーズも

ワイルドスピードシリーズも

アベンジャーズシリーズも

日本だって負けてねえ、ゴリラシリーズってな具合に

みんな帰ってくる。

 

で、ちょこっと、日本の片隅のブログ界で、この際だから

アメリッシュシリーズも帰ってきたわけであります。

 

ダダンダンダダン!

I'll be back!

 

8日間、ご無沙汰でした、皆さま!

 

さて、ご存知方はご存知の、まったく知らない方は知らない。

 

これまで通りの平常運転。

自由すぎて適当マックス、『アメリッシュガーデン改』

 

このシリーズ、紆余曲折を経て、今回から優ちゃんと太郎くんの話であって。

ご存知ない方のために、

そして、ご存知の方には夏休みの復習として書きますと、

 

優ちゃんってのは、

 

まあ、泣く子も黙る私の姑、オババの妹が、見事になにもできなく育てあげた過保護娘です。母親失格のそんな叔母、もしかしなくても毒親だった?

 

なあんて、きっとこれまでの読者の方は思ってる。

もし、確信してなきゃ、私の書き方がムッチャ下手だったわけで・・・

 

改めて強調しておくと、私の義理叔母、自覚のない毒親なんであります。

 

我が子に優しいんです。子どもが自立しようとする前に、なにもかも親が全てやって自立を阻んで39年。

 

食事時に、39歳の娘のステーキ切ってあげている。

お味噌汁、ふーふー冷ましてあげてる。

 

キモ!ってそこ言わない。

そういう母親なんだからね。

 

孔子いわく

『15にして学に志す。30にして立つ。40にして惑わず。50にして天命を知る』

 

で、10年遅れで、優ちゃんが、なんと39歳にして立ったんであります。

アラフォーで惑っちまったんであります。

 

さて、太郎くんから電話があって、優ちゃんが救急で病院に搬送されたって、8日前に書いて、ほっぽり出して、夏休み取ってた私。申し訳ない。

 

じゃあ、続き行くよ。

 

ダダンダンダダン

 

私とオババ、私の運転で病院に走りました。

 

私の運転! で、笑い転げるあなた、大好きだけど、今日は書かないぞ。

PONY (id:pony3)さん、ご依頼でも今日はやめとく。本題に入るのが2日後になりそうで、

 

運転だけで、今日の回、終わっちまって、suusuehttps://suusue.com/さんに先に進まないって笑われる。

 

だから、救急病院に到着したところからね。

 

到着したのは午後3時頃。

受付で案内を請うと、優ちゃん、緊急入院していました。

 

救急病棟がいっぱいで、今は一般病棟に移動したと、テキパキした事務員に言われ、オババとともに向かったさきは、個室で、扉は開いていて・・・

そこ覗くと、

太郎くんがイスでうなだれ、優ちゃんはベッドで眠ってました。

 

顔を見た瞬間・・・

 

優ちゃん、日焼けで色黒になり、かなりやつれているって。

思わずオババと顔を見合わせました。

 

「太郎くん」

 

はっとした表情で太郎くんが立ち上がり、それから深く深く頭を下げました。

 

「なにがあったんです」

 

オババが聞きました。

 

「あの、畑で、すみません。僕が悪いんです・・・、優ちゃん、畑で、こっちを見たと思ったら、顔が真っ白になっていて、それから、よだれ流して倒れて、意識を失ったんです。俺、おれ・・・」

「医者はなんと?」

「血液とか尿とか検査中で、結果はまだで、あとでCTスキャンとか必要かもしれないと」

「そう」

「すみません、俺が悪いです。すみません」

「勝江のほうには連絡は?」

「しました」

「電話か」

「あの、いえ、メールを」

 

オババも私の顔も曇りました。

 

少しして、看護師が入ってきました。

 

「優子さんのご主人」

「はあ」

「受付に電話が入っているんですが」

「僕に? 誰ですか」

「それが、聞き取りにくくて」

 

その言葉に重ねるようにオババが聞きました。

 

「相当、取り乱した、年配の女性の声ですか」

「そうです」

「なんと言うてますか?」

「それが、名前を、優ちゃん、優ちゃんと、それから、なんか、殺すとか、聞きまちがいとは思いますが」

 

叔母だ、間違いないから。

 

「太郎くん、私がでよう」

「あの」

「任せておきなさい」

「すみません」

アメリッシュ!」

「は!」

「第2次臨界体制じゃ」

 

だ、第2次? ちなみに第1次は何ですか?

 

to be continued

 

f:id:funyada:20190814115605j:plain

アーノルド・シュワルツネッガー


ターミネーター:ニュー・フェイト』

 

11月8日公開予定だそうで、シリーズ最高人気の『ターミネーター2』の正当な続編だそうです。

ということは、2以降に制作されたシリーズとは別もの扱い。

 

制作はターミネーター生みの親ジェームズ・キャメロン

低予算で制作した作品があたり、その後、ターミネーター2も監督しました。

 

アーノルド・シュワルツネッガーをスターにした作品として有名で、オーストリア出身で母国語がドイツ語だった彼は、英語が苦手。

無言の殺人機械役ターミネーターは、ぴったりな役柄でした。

こういうのハマり役っちゅの?

 

それにしても、第1作の制作費640万円。低予算映画が、なぜ、あれほどヒットしたのでしょうか?

単純な理由です。脚本が最高だった。

 

未来からやってきた戦士カイルはシュワちゃんより良かった。

 

で、疑問なんです。

 

なぜ、シュワちゃんが、あの映画で有名になって、カイル役マイケル・ビーンはそれほどじゃないのかって。あとで、『エイリアン2』とか『アビス』とか出演しましたけど、シュワちゃんの出世からは見劣りするんであります。

 

ターミネーター:ニューフェイト』では、サラ・コーナー役として再びリンダ・ハミルトンが登場します。シーズン2では、息子を守って孤独に死闘を繰り広げた母親です。

 

若いときより、カッコいいです。

 

新作では、人間VSターミネーターに、さらに強化人間なるものが新しく登場します。

未来のカギを握るダニという人物を守っているようです。

 

これは予想ですが、本作では、過去作品でサラが息子を守ったように、ダニをターミネーターから守るってのが、基本内容でしょう。

 

戦士サラ、爺様シュワちゃん、強化人間VSターミネーターという布陣。

 

予告画像をみるに、期待できそうな、アクション満載の内容のようです。

 

ところで、第1作『ターミネーター』が人気を呼んだのは、アクションではなく、そこに母の愛と、男のせつない愛が織りなす、ドラマがあったからです。

 

新作に、あの胸の痛くなるようなドラマがあれば、成功間違いなしなんですが・・・。

期待してる私がいます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ