アメリッシュガーデン改

姑オババと私の物語をブログでつづり、ちいさなディズニーランドに・・・、な〜〜んて頑張ってます

【毒親と結婚と離婚6】映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』日本では3Dで上映できないって。アマン東京までワイスピで運転した結果・・

《オババ》私の姑、人類最強のディズニーオタク。妹の夫とは同級生

《叔母・勝江(仮名)》オババの妹、ヒステリー性障害を患う。離婚を条件に自宅の譲渡書をもらうが離婚は拒否している

《叔母の夫・あの男》叔母とは10年来の別居中。米国に本拠地を置く会社CEOだが破産、日本で病気療養中

 

f:id:funyada:20190730152125j:plain



ワイルド・スピード/スーパーコンボ

 

暑い! ものすごく暑い!

 

こういう時は暑苦しい映画でさらに熱く燃えるしかない!

 

ワイルド・スピード、いつの間にかシリーズ化してた。

 

第1弾は2001年公開。

それから、ほぼ2年おきに更新してくるなんて、几帳面すぎっ!

真面目サラリーマンか!

 

でもね、第1話が公開されてから18年過ぎてても、まだ、え? ってなるんです。

 

だって、シリーズ最初なんて、地方のスピードキチ映画で、とても中心はるような映画じゃなかった。端っこのB級映画。それがスターウォーズばりにシリーズ化してのし上がってる。

 

驚きです。

 

猛スピードとアクションでジェットコースターに乗ったみたく走りまわる、

どっちかいやあ車が主役の映画。

もう映画ちゅうより、レーサー感覚。

 

特にIMAX/3D映画館でみた日にゃあ、

けっこうな確率で車酔いしてる。

 

けど、今回のワイスピ、権利元との関係で、どうも日本では、2Dでしか上映できないようだけど・・・。

それは興行的には、どう影響するんだろうか。

 

ところで、ワイスピワイルド・スピード略)は日本とも関係が深く、X3は東京が舞台だった。

 

シリーズごとに南米、欧州、中東、ロシアを走りまわっており、

ご当地巡業の水戸黄門世界版であって、ロードムービーの体裁もあって。

各国でファンを増やしている。あざとい手法、功を奏してます。

で、

シリーズ累計興行収入、5000億円を突破!

 

ご当地従業、あなどれん。

今回はロンドン疾走。

 

きっと、文句なしに面白いんだろうな。

 

そして、翌日には完全に内容忘れてるな。

だから、毎回、見るたびに初見であって、ここも重要なんか?

 

もう一つは、ゴリゴリのアクション映画のくせに、仲間が家族として固い絆で結ばれ、大切にしています。

筋肉バリバリの大男たちといい、G1プロレスの世界観も併せ持ってます。

 

この家族として大切にってキーワードで、今、私は国道で車をギンギンに走らせてる。

 

私的ワイルドスピード

 

時速48キロの猛スピード!

 

もうハンドルに、かじりついてるから。

 

なにせ、叔母の家から離婚届と書類、盗んじまったわけで。

背中に油汗、浮んでいるはず。

 

外は暗かった。

国道も帰りの車やバスで結構、混んでる。

 

正面から走ってくるヘッドライトの光を浴びるたびに、少し視線をそらして、真正面から、光を受けるのを避けてます。

これ、『男と女』という小説でレーサーの男がしてて、運転ってそうするんだって、学んだ私です。

 

で、深夜じゃないけど、多分、午後7時過ぎたくらいだけど、暗いから。

もう、泥棒的には時間帯ぴったりであって。

 

「で、ボス、こっから、どうすんで」

「しばし、待て!」

 

オババ、老眼鏡をかけ、目を眇めてスマホの番号を押してます。

泥棒にしては、なんか頼りないっちゅうか。

老境に達しすぎっちゅうか。

 

「もしもし、私です。・・・そうよ、委員長です」

 

委員長ってとこで、オババ、ちょっとだけ言い淀んだ。

でもって、オババを委員長って呼ぶのは叔父だけで、だから今、携帯から叔父さんにかけてるんだって、ハンドル握りながら思った。

 

「話したいことがあるんです。至急です。病院は退院したでしょ・・・。そう退院したの。状態はどう・・・、いいんですね。いえ、感謝しなくてもいいですよ、毛色が悪いったら、あなたに、お礼なんて言われた日には寝覚めが悪いです」

 

で、オババ、ぷっと吹き出した。

きっと、なんか叔父が洒落たジョークを言ったんだろう。やはり、叔父は魅力的な男です。

 

「今から行きますから、頼みがあります、ええそう、で、どこに・・、わかりました」

 

オババ、スマホを閉じました。

 

アメリッシュ。これからアマン東京ホテルに向かう」

「あ、アマン東京って」

「ホテルだ、あのかっこつけ贅沢男、破産しても治らんようじゃ」

「首都高は走りませんから」

「高速の下でいいですよ。私もあなたの高速運転はこりごりですから」

 

私、いったん車を路肩に止めて『アマン東京』ってナビに入れました。

場所は、東京駅方面へ走って、皇居の近くって、

え? ここ運転すんの?

 

できんのか、私?

 

でもって、頑張った。

道幅、広いしで、なんとか目的地まで運転しました。

 

皇居前は高層ビルが立ち並び、国道も道幅が広いです。

 

永大通りに向かって右折して、次の交差点をすぎるとナビが、

『目的地周辺です。交通規制に・・・』って、決まり文句を吐いて、いつものように、私を見捨てた!

 

「お義母さん。どこですか?」

「左のはずだ」

 

てか、歩いてるわけじゃないから、車、すぐ通り過ぎっから。

で、えっ、左?

 

三車線ある道路の、なぜか一番右走ってるから。

だって、右折したから、そのまんま右側車線にいて、車線変更したいけど、車いっぱいだし。

 

「左、まずい!」

「そうだ、アメ。非常にまずい状況だ」

「わかっとります」

「高速じゃなくても、ダメなのか」

「別に国道だからって、急に運転がうまくなるわけじゃないです。うおーーー」

 

「ウィンカー!」

「へ!」

「出てない、ウィンカー」

 

ときどき、思うんであります。

世の中の人々は、真の危険に対して、あまりに無防備すぎると。

 

これだけは常識として伝えておきたい。

 

アメリッシュの運転する車の右、および、左を運転するでない!

とくに自転車。

勝手気ままに、道路を横切るだろう。

普通は車が避けるって、思い込んでおろう。

 

よく覚えておくが良い。

すべての運転手が一級だと思うことは、君たちの危機管理において、非常なる課題である。

 

君らは、今、そこにある危機をあまりに軽視している。

 

私がウィンカーを出したら、即座に逃げるように。

それしか、君らを危険から守る方法を、あいにくと私は知らない。

 

わかったか!

今、左を悠々と走る、ベンツ、お前もだ。

  

で、なんとかホテルのエントランスに到着して、むっちゃ後悔した。

 

だってな、ホテルのドアマン、ものすごく高級そうな制服を身に纏って、にっこり微笑んできたんであります。

 

なんとなく、(道に、お迷いですか? なんなら目的地、アマン東京ホテルマンのプライドをもって、行き先をお教えいたしますが)

って、そんな心の声が聞こえた。

 

間違ってもホテルの客だと思ってない、きっと。

 

あ、無理。ここ、私、場違い!

とくに、この格好じゃ場違いだから。

 

「お義母さん、ほんと、ここで降りるんですか」

「恐れるな、アメリッシュ」

 

てか、私、豪華でシックなエントランスに圧倒されてて、で、そのままブレーキ踏まずに、回廊をくるっと回って、ワイルドスピードで、速攻、外に出ちまった。

 

アメリッシュ。何をしてる。駐車せんか」

「だ、だって、お義母さん、今日の服装、こういうホテルでは、ものすごく浮きそうですが」

「アホ、誰も見とらん。あんなに苦労してエントランスに入ったのに、また繰り返すんか」

 

みんな見てるって。

で、もう1回、皇居前を走って、今度は割と楽に、エントランスに入っちまった。

 

頼む、さっきのドアマン、交代しててくれ、もう1度くるなんてアホすぎるからって、祈りながら、再度トライ!

 

あ〜〜〜、おんなじ人やあ。

 

南無三!

 

で、私、東京に進出した、例のアマン、超高級ラグジュアリホテルのエントランスで、もう5週間は洗車してない、薄汚れた愛車を停車したんであります。

 

場違い感、半端ない。

叔父。むちゃくちゃだ。

これ、嫌がらせか!

 

to be continued

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 プライバシーポリシー お問い合わせ